ナビゲーションスキップ
 
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 絞り込む

4月の行事一覧

法要

4月1日~30日 午前8時30分~午後4時30分

十三まいり(郵送でも受付可)

場所
太鼓楼

かぞえ年で13歳という年齢の男女は、生まれた年の干支が初めて廻ってくるという事でもあり、親に感謝し、命に感謝し、これから先の人生において福徳と智慧と健康を授かるようにと親子一緒に仏様の手を合わせ、厄除けと開運の祈願をするものです。満年齢では今年12歳、13歳、14歳になられるお子様が対象です。
郵送でのお申込みは受け付けていますので、現金書留にご依頼される内容(お名前、生年月日、年齢、祈願内容)を記載したメモか手紙とご祈祷料を同封の上、四天王寺までお送りください。
新型コロナウイルス感染症の感染予防として、時期によってはご迷惑をおかけする場合もあります。ご来山予定日があれば、事前にお電話での確認をお願いいたします。
郵送でのご依頼も受付けています。現金書留にご依頼される内容(お名前、生年月日、年齢、祈願内容)を記載したメモか手紙とご祈祷料を同封の上、四天王寺までお送りください。懇ろにお祈りさせていただきます。

 

 ご祈祷料   5,000円、10,000円
 授 与 品   紙札・虚空蔵守り
法要

4月3日 午前10時00分~

五重位牌総供養

場所
五重塔

五重塔内に永代奉納されている五重位牌諸精霊追善のための総供養が、五重塔西側前庭で行われます。

法要

4月3日 午後1時30分~

元三大師会

場所
元三大師堂

元三大師は古くより「角大師(つのだいし)」としての魔除厄除と、学業成就・合格祈願のご利益により篤く信仰されてきました。また「おみくじ」を考えられた方としても有名です。

毎月3日、護摩供を修法し、皆様の大願成就を祈願いたします。お護摩供養終了後、お導師様から錫杖のお加持を授けていただけます。

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、
法要中は堂外にてご随喜(ご参列)いただくこととなります。

ご了承ください。

祈祷札 3,000円・5,000円・10,000円 護摩木 300円
行事風景
法要

4月8日 六時堂:午前10時30分~、仏足石:午後2時00分~

仏誕会

場所
六時堂 仏足石

お釈迦様のお生まれになったこの日は、四天王寺 六時堂と金堂にて仏誕会の法要を行います。ご参詣者の皆様には、灌仏(お釈迦様に甘茶をかける作法)をしていただけます。また通常であれば花御堂横にて甘茶の接待を行いますが、今年は甘茶接待はございません。丸池西の仏足石釈迦如来石像前に献華をし、おつとめを致します。献華のご依頼は各お堂にて事前に受付けています。

~4月8日の法要時間~

●仏誕会法要(六時堂と金堂)午前10時30分~

●仏足石法要(仏足石)午後2時00分~

~灌仏・甘茶接待の日程~  →中止

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、
「甘茶接待」は中止となりました。

日にち 8日
時 間 午前9時~午後4時まで ※随時
場 所 六時堂前 花御堂(はなみどう)

●献華 1本 1,000円

行事風景
行事

未定 午前6時30分~

参禅会(中止)

場所
五智光院

四天王寺の本坊食堂ならびに五智光院におきまして、精神修養と仏教を身近なものとしていただくため、座禅の集いを催しています。※参加費は無料・どなたでも参加していただけます。
※現在、新型コロナウイルス感染症の予防としまして、再開未定の中止となっています。

行事風景
法要

4月15日 午前10時30分~

一心大神会例祭

場所
極楽浄土の庭

本坊庭園の一心大神(弁才天)ご宝前で、毎月巳の日に法要が行われます。「四天王寺一心大神会」会員のご入会も受け付けています。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、ご参列の人数を制限しています。

行事風景
特別拝観

4月17日~30日 終日

絵堂 春の特別拝観

場所
絵堂

「春の絵堂ご開扉決定&毎日オンライン絵解き」

コロナ禍で昨年は開催できませんでした「絵堂特別ご開扉」ですが、令和3年4月17日~4月30日までは人数制限ですが開催決定しました。
絵解き説法は人気のため、話し出すと密になりますので、期間中の連日 午後4時半から30分間、毎日オンラインでの絵解き説法を予定しています。
各日30分間なので、僧侶がリレー形式でお話いたします。

『オンライン絵解き説法』
配信日:令和3年4月17日~23日 16:00 ~ 16:30
配信サイト:四天王寺ツイットキャスティング
配信はリアルタイムでのみとなります。
上記時間はブルーの画面か、別の法要が表示されます。

皆様と共に聖徳太子千四百年御聖忌という貴重なるご縁を結ぶことができれば幸甚でございます。

行事風景
法要

4月17日 午前10時00分~

法華八講会

場所
講堂
毎月17日、講堂にて「法華八講会(ほっけ はっこうえ)」を厳修します。この法要は、講堂の中央にて出仕僧らの声明(しょうみょう)から後半は法華経(ほけきょう)八巻について講師と問者が論義をする問答形式で行なわれます。
●八講会の特別回向のご案内

八講会に引き続き、管長猊下ご親修による信徒各家の追善供養(特別回向)を行います。阿弥陀如来像のご宝前と、十一面観音像のご宝前において、それぞれお経をいただけますので、ぜひお申込み下さい。当日お越しになられない方も、事前お申込みは随時承っています。

先祖回向 4,000円
経木代 20円(一霊)
行事風景
行事

4月17日(土) 午後2時00分~

仏教文化講演会(未定)

場所
本坊

四天王寺では、聖徳太子の教学を普及するとともに各界の名士による文化講座を行なっています。※聴講料無料、どなたでも参加できます。
新型コロナウイルス感染症の予防の為、現在のところ仏教文化講演会は中止しています。

4月の開催は未定となっております。

場所:本坊安養殿

行事風景
法要

4月21日 終日

大師会(弘法大師忌)

場所
境内一円

弘法大師の月命日、毎月21日は俗に「お大師さん」と呼ばれ、この日は、中心伽藍を無料開放し、境内全域に露店のお店や日常品、アンティークなどの露店が出ます。

堂内、露店の面々もそれぞれコロナ感染予防対策を徹底しているつもりですが、ご参拝の皆様もマスク着用やお出かけ前の検温等、コロナ対策をお願い致します。

※どうしても密となってしまう五重塔内へは、現在も拝観できません。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解の程お願いいたします。

行事風景
法要

4月21日 午前10時00分~

辯才天法要

場所
亀遊嶋辯天堂

毎月21日、辯才天法要が厳修されます。辯才天は「智恵弁才・福徳円満・子孫繁栄」に霊験があるとされます。引き続き弘法大師法楽が厳修されます。

祈祷札 3,000円・5,000円
献酒散華 300円(一ヶ月奉安)

法要後のお神酒頂戴は、現在おこなっておりません。

行事風景
法要

4月21日 午前10時30分~ 及び 午後1時30分~

弘法大師法楽

場所
弘法大師像前

毎月21日、弘法大師法楽が一日に二回厳修されます。

 

行事風景
法要

4月21日 午前11時00分~

布袋堂法楽

場所
布袋堂

毎月21日、布袋堂法楽が厳修されます。

法要

4月21日 午後1時00分~

英霊堂回向

場所
英霊堂

大師会の毎月21日、英霊堂において世界平和を祈り、戦歿者並びに万国の英霊供養の為、追善法要を厳修します。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、法要の堂内ご随喜(参列)は人数制限をいたします。

行事風景
法要

4月22日 終日

太子会(聖徳太子忌)

場所
境内一円

聖徳太子の月命日、毎月22日は俗に「お太子さん」と呼ばれ、この日は、中心伽藍を無料開放し、境内にちらほら、露店のお店が出ます。

堂内、露店の面々もそれぞれコロナ感染予防対策を徹底しているつもりですが、ご参拝の皆様もマスク着用やお出かけ前の検温等、コロナ対策をお願い致します。

※どうしても密となってしまう五重塔内へは、現在も拝観できません。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解の程お願いいたします。

行事風景
法要

4月22日 12時30分~

聖霊会

場所
六時堂 石舞台

毎年4月22日、聖徳太子の命日を偲んで行われる、四天王寺の行事の中でも最も重要で大規模な法要です。千四百年の歴史を持つ聖霊会は、四天王寺一山式衆の声明法要と天王寺楽所による舞楽が一体となった古の大法要を今に伝え、特に四天王寺聖霊会の舞楽は国の重要無形民俗文化財の指定を受けています。豪華絢爛な絵巻を彷彿とさせる舞楽を無料で鑑賞していただけます。

※令和3年の聖霊会はコロナ対策のため、五智光院にて非公開で開催いたします。オンラインでの配信は予定していますので、どうぞご興味のある方はご覧ください。
聖霊会はYouTubeライブを予定しています。聖霊会ユーチューブ ライブ配信

※配信はリアルタイム配信です。当日の開催中のみご覧いただけます。

行事風景
法要

4月24日 午前10時30分~

地蔵尊

場所
地蔵堂

毎月24日は、お地蔵さんのご縁日です。地蔵山は明治40年代、近隣及び境内に祀られていた有縁無縁の地蔵尊を小丘に合祀したのが始まりです。本尊「立江地蔵尊」は古来眼病に霊験ありと篤く信仰されているお地蔵さまです。地蔵山の西端には、逢坂清水のお地蔵さんをお祀りし「融通さん」として親しまれています。

※おロウソク、献花短冊、ご先祖供養のお申込みは郵送にて可能です。

ご依頼内容との手紙とお布施を入れて、現金書留で四天王寺宛にお送りください。

ロウソク 500円
献花短冊 300円
ご先祖供養 4,000円~
経木代 1枚 20円(1霊)
行事風景
法要

4月28日 午前10時30分~

不動尊供

場所
亀井不動堂

近畿三十六不動霊場の第一番霊場となっており、本尊は水掛け不動尊。左に子育て地蔵尊、右に延命地蔵尊を祀っている。不動明王のご縁日である毎月28日に法要が行われます。法要中は、まず導師がお不動さんにお水掛けの作法を行います。引き続いて、ご信徒の皆さまにも、順次お水掛けをしていただきます。

※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、法要中のお水かけは中止しています。

行事風景
法要

4月28日 午前11時30分~

不動尊護摩供

場所
亀井不動堂

この法要では、護摩の炎で、三毒(貪 むさぼり、瞋 いかり、癡 おろかさ)を焼き盡くし、息災(罪障、その他一切の災害を消滅すること)増益するお護摩が修行されます。

この間、お詣りの方は戒尺(拍子木)を手に「般若心経 ・不動真言 ・ 地蔵真言」をお唱えし、自らもご修行いただくものです。そして信徒各位の祈願が書かれた護摩木を一本づつ、投げ入れられます。法要後、お神酒頂戴をし、散会となります。

 

※ご祈祷札、護摩木のお申込みは郵送にて可能です。詳しくは特設ページをご覧ください。

祈祷札 3,000円・5,000円
護摩木 300円
行事風景
四天王寺の活動報告ブログ
ページ先頭へ戻る