ナビゲーションスキップ

四天王寺からのお知らせ

2020年のお知らせ一覧

ご参拝が不安な方へ
現金書留でのご回向のお申込みが可能です。

現在、四天王寺では郵送にてご回向、ご先祖供養、ご祈祷のお申込みを受け付けています。

 
新型コロナウイルス感染症の拡大状況が気になる中でのお参りは、不安になられる方も多いことと思います。
不要不急の外出を控えるこのタイミングで、ご命日、先祖供養を行う必要のある方のために
四天王寺では、現金書留(げんきんかきとめ)でのご回向/ご祈祷のお申込みを承っています。

現金書留は郵便局からお申込みいただき、下記住所(四天王寺)迄 お送りください。

 
〒543-0051 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
総本山四天王寺 〇〇堂←お堂名が分かれば記載してください。
お堂名、申込内容、施主名、供養するご戒名(霊名)、ご連絡先、等を記載したお手紙を同封してください。

 
万が一、こちらで不明な点がありましたらお電話で連絡いたします。
責任をもってお経をあげさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

申し訳ございませんが、現金書留の送料はお支払いください。

03月27日(金)

4月の参禅会、わつか市、仏教文化講演会は中止となります

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、
4月に予定しておりました「わつか市」と「参禅会」「仏教文化講演会」は中止となりました。
 
現在、ウイルス感染拡大防止の重要な期間として位置付ける方針が発表されていますので、多くの皆様が楽しみにされていたところ大変残念ではありますが、ご理解いただければ幸いです。みなさまも予防につとめて、どうぞお大事になさってください。
また、5月の行事につきましては、4月のコロナウィルス感染症の拡大状況により決定いたします。

合 掌

 

1月 1月7日(火) 1月28日(火)
2月 2月4日(火) 2月18日(火)
3月 3月3日(火) 中止 3月24日(火) 中止
4月 4月14日(火) 中止 4月28(火) 中止
5月 5月12日(火) 5月26日(火)
6月 6月2日(火) 6月16日(火)
7月 7月7日(火) 7月21日(火)
8月 8月4日(火) 8月18日(火)
9月 9月1日(火) 9月15日(火)
10月 10月6日(火) 10月20日(火)
11月 11月3日(火) 11月17日(火)
12月 12月1日(火) 12月15日(火)

 

参加ご希望の方は早朝6時35分までに本坊客殿玄関までお越し下さい。準備の都合上、午前6時20分から受付開始いたします。午前6時40分に開始の鐘を鳴らします。それ以降に来られた方は途中参加できませんのでご了承ください

03月20日(金)

新型コロナウイルス感染予防の為
南休憩所/和労堂/五重塔 入場中止

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止策として、無料休憩所の南休憩所と和労堂、庭園の茶室、ならびに五重塔を

入場中止(閉館)いたします。中心伽藍内は入場可能です。
再開日につきましては未定とし、感染状況や行政当局からの情報を見極めたうえで検討してまいります。
最新状況につきましては、四天王寺ホームページにてご案内いたします。

何卒ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
事態の沈静化、皆さまの健康と安全を心よりお祈りいたします。

03月20日(金)

六時堂でのご回向は堂外(無参拝者法要)で受付いたします。

令和2年3月7日より、新型コロナウイルス感染症の拡大状況が終息するまでの間、六時堂でのご回向、先祖供養は堂外にて承ります。また、お申込みのみとし、その後のご回向の法要は堂内にて四天王寺の僧侶のみでお勤め(無参拝者法要)とさせていただきます。

施主様が堂内に入って一緒にご参列いただくことは、(不特定多数の大人数の方が利用するお堂でありますので)危険であると判断し、申し訳ございませんが、こちらで責任をもって懇ろにお経をあげさせていただきます。

霊名を認め、ご供養の際に読み上げるお経木も、我々スタッフと僧侶が握ったものを施主様にお渡しすること自体が(いささか過剰ではありますが万が一の事態も考えて)危険と判断し、お経木はお返しせず、四天王寺側でその日のうちにお流しをさせていただきます。

ご高齢の方も多く訪れる四天王寺でありますので、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

期間は定めておりませんが、3月末迄は上記内容の対策で進めてまいります。

 

ご回向・祈祷の郵送でのお申込み方法について

現在、現金書留にて受付けております。
郵便局から下記住所までお送りください。

〒543-0051 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
総本山四天王寺 〇〇堂←お堂名が分かれば記載してください。
お堂名、申込内容、施主名、供養するご戒名(霊名)、その他を同封してください。

申し訳ございませんが、現金書留の送料はお支払いください。

03月05日(木)

金堂でのご回向は中止いたします
新型コロナウイルス感染拡大の予防

新型コロナウイルス感染症が拡大している現状を受け、参詣者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、金堂内でのご回向は中止とし、下記対策の通り徹底いたします。
現時点で、想定を上回る緊急事態に苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、いつも金堂にお参りされている皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
当面は、かかる事態が収束し安全が確保できるまで、窓の無い密閉された空間であります金堂でのご回向のお申込みは中止する方針でございますので改めてご了承のほど宜しくお願いいたします。

 

【毎日午前11時~の「舎利出し法要」について】
古くより当山にて護持して参りました「お舎利」を皆様の頭上に当てて功徳をいただく「舎利頭頂 頂戴」の作法につきましては、感染拡大を予防することを考えて、お舎利を当てる行為は控えさせていただきます。
しかしながら、その期間中は、導師が法要中にお舎利を特製の紙札「舎利頭頂頂戴之証」にお加持してくださいますので、そちらを授かっていただければ幸いです。

 

この対策は3月末迄は続ける予定ですが、状況により延長する可能性も高くなっております。
どうぞご理解ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

03月04日(水)

令和2年(2020)春季名宝展
開催のお知らせ

令和2年 春季名宝展
修理完成記念 菅楯彦「竜頭鷁首図屏風」―幻の傑作―

 

【会 期】
令和2年(2020)4日月4日(土)~5月6日(水)
※新型コロナ感染拡大の影響で会期を変更しております。
今後の状況次第ではさらに変更となる可能性もございますので、ご了承ください。

 

【概 要】
昭和に大阪で活躍した画家、菅楯彦の「竜頭鷁首図屏風」は、彼には珍しい金屏風に描かれた大作です。これまで保存状態が悪く展示・公開が困難であったため、ほとんど知られていない幻の作品となっていました。四天王寺では、2017~18年度にかけてこの作品の保存修理を実施し、この度修理完成を記念して、菅楯彦の幻の傑作である「竜頭鷁首図屏風」をお披露目いたします。後半部では、菅楯彦の舞楽作品を、そこに描かれる舞楽所用具とともにご紹介いたします。
 

 
 
【主な展示品】〔◎:重要文化財〕

第1部 幻の傑作「竜頭鷁首図屏風」
竜頭鷁首図屏風   菅楯彦  六曲一双  昭和時代
琵琶〔菅楯彦旧蔵〕      1基    明治時代
昭和荘厳経 外箱 生田花朝  1基    昭和38年(1963)

 

第2部 菅楯彦と天王寺舞楽
抜頭鼉太鼓を廻る  菅楯彦  1幅 昭和時代
聖霊会舞楽(振鉾) 菅楯彦  1幅 昭和時代
舞楽陪臚      菅楯彦  1幅 昭和30年
極楽門の春     生田花朝 1面 昭和時代
◎舞楽面 蘭陵王        1面 鎌倉時代
◎舞楽面 納蘇利        1面 鎌倉時代
◎舞楽所用具 太平楽皆具    一式 桃山時代
◎舞楽装束 抜頭 裲襠     1領 江戸時代
舞楽面 胡徳楽 瓶子取     1面 鎌倉時代
舞楽面 胡徳楽        4面 寛永14年(1637)

 

拝観時間:8:30~16:30(4月21日は8:00~17:00)
入館は閉館の20分前まで
拝観料金:一般500円  高校・大学300円  中学生以下無料
団体割引(30名以上)一般300円 高校・大学生200円
会  場:四天王寺宝物館

03月01日(日)

令和2年 「なにわ七幸めぐりウォーキング」
中止となりました

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、「なにわ七幸めぐりウォーキング」の開催を取りやめることといたしました。
 
多くの皆様が楽しみにされていたところ大変残念ではありますが、ご理解いただければ幸いです。みなさまも予防につとめて、どうぞお大事になさってください。合 掌

 

 

大阪を代表する七社寺(住吉大社、四天王寺、今宮戎神社、大念佛寺、大阪天満宮、四條畷神社、太融寺)を3回に分けて歩いて巡礼する「なにわ七幸めぐりウォーキング」を企画しました。神職さんや僧侶さんと一緒に七社寺を参拝します。もちろん、各社寺でもご案内・ご説明をいただけます。
日頃の運動不足の解消として「神仏のご加護で健に!」をテーマとして、子どもさんから高齢者の方まで楽しんでいただけると思います。
この機会にご参加くださいませ★

全3回のコースで7社寺全てのご朱印をいただき、満願できる内容になります。

 

〇主催
なにわ七幸会事務局
(大阪天満宮、住吉大社、四条畷神社、今宮戎神社、太融寺、大念仏寺、四天王寺)

 

〇日程

第1回目:令和2年3月14日(土)
午前10時開始→午後4時頃解散(住吉大社→四天王寺→今宮戎神社)

 

第2回目:令和2年4月11日(土)
午前10時開始→午後4時頃解散(大念仏寺→大阪城→大阪天満宮)

 

第3回目:令和2年5月10日(日)
午前10時開始→午後4時頃解散(四条畷神社→鶴見緑地→太融寺)

 

〇参加費用
各回、500円を頂戴いたします。
今回のご朱印集めは「なにわ七幸めぐり専用集印帳(バインダー式ご朱印帳)」をご購入いただき初回のみ1,000円、各社寺でのご朱印 300円が別途必要です。

〇お申込み方法
参加申し込みは「なにわ七幸会事務局係」までお電話を頂き、
下記内容をお伝えください。
①氏名  ②年齢  ③住所  ④電話番号(携帯)

→申込連絡先:
なにわ七幸会事務局 06-6771-0066(四天王寺参詣課)

〇参加特典
なにわ七幸会が主催ですので、事務局員も一緒に歩いていきます。
各社寺では歴史や由来のお話をいただけます。
各社寺より素敵な記念品もいただけます
〇注意事項
※各回、定員になり次第、締め切りとさせていただきます。(受付終了は確実施日の1週間前)
※折角なので3回ともご参加いただければ嬉しい限りです。
※実施日当日の天候、その他の理由で中止させて頂く可能性があります。
※掲載内容は予告なく変更になる可能性がございます。
※動きやすい服装・靴(スニーカーなど)・帽子・リュック・飲み物・タオルは各自でご用意ください。
※途中の昼食は、各自で軽食をご用意ください。お弁当をご持参いただくか、途中のコンビニでご購入ください。

詳細はなにわ七幸のホームページにアップしていきます。

なにわ七幸めぐりHP→ https://naniwa7.net/news/

02月17日(月)

第5回 フォトコンテスト
結果発表!

令和元年7月1日~9月末日の期間に募集しておりました

第5回四天王寺フォトコンテスト」のグランプリ大賞につきまして、

応募作品、132点という沢山の方々からご応募いただきました。

有難うございます。

 

本日2/6(木)、四天王寺の安養殿において、写真家の和栗敬一郎先生を

審査委員長をお迎えし、複数の審査委員による厳正な審査委員会を

開催し、グランプリ賞、準グランプリ、その他特別賞や入賞作品が

選ばれましたので、発表いたします。

受賞されました皆様、誠におめでとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

02月06日(木)

令和2年度(2020年度)
四天王寺奉賛会 会員募集

四天王寺では、聖徳太子のご遺徳を皆で 後世に伝えるために、
多くの方々からご奉賛ご支援をいただける様に「四天王寺奉賛会」
を立ち上げました。どうぞ皆様、ご入会ください。
 

 

 
【会員種別】お申し込み時に会員種別をお選び下さい。

◇賛助会員:年会費 5,000円(毎年4月~翌年3月)
◇正 会 員:年会費 10,000円(毎年4月~翌年3月)
◇特別会員:年会費 一口10万円~(毎年4月~翌年3月)
 

会員種別 年会費 芳名録 会員証 記念品 奉賛法要 郵送物
賛助会員 5000円  - 中心伽藍無料(本人のみ)  ○  - 行事案内
正会員 10000円  ○ 中心伽藍と庭園無料(本人と同伴者1名)  ○  ○ 行事案内・会報誌
特別会員 1口10万円~  ○ 中心伽藍と庭園無料(本人と同伴者1名)  ○  ○ 行事案内・会報誌

 

 

【会員特典について】
会員になられる方には、下記の特典をご用意しています。
●記念品:毎年かわる四天王寺特製の記念品です。

●会員証:会員証の提示で賛助会員は中心伽藍年間無料(本人のみ)、
正会員以上は中心伽藍と本坊庭園が年間無料(本人と同伴者1名)

●四天王寺の行事案内を定期的にお送りいたします。

 

 

【入会の方法】
①本坊受付またはお堂(和労堂・納経所・太子殿)にてお申込み頂けます
お堂にて申込用紙にご記入いただき、お支払ください。その場で会員証・記念品・領収書をお渡しいたします。
 
②郵便振替をご希望の方は、本会より郵便振替用紙をお送りします
※振込手数料はご負担ください。
郵便振替用紙の所定の欄に氏名と住所、会員種別、金額等をご記入の上、
ご送金ください。後日、事務局より会員証が届きます。

加入番号:00900-5-209925

口座名 :四天王寺奉賛会事務局
※振替用紙の受領書を持って領収書に替えさせて頂きます。予めご了承さい。
※郵便振替用紙の記入例はこちらを参照

 
③ゆうちょ銀行へは、ATM・インターネットからおお振込み頂けます
※振込手数料はご負担ください
 
必ずメールかfaxにて「件名:奉賛会入会申込」「会員種別」「住所・氏名(ふりがな)」「電話番号」をお知らせください
 
e-mail:housankai@shitennoji.or.jp
 
FAX:06-6773-4921
 
銀行名:ゆうちょ銀行 普通

支店名:四〇八(ヨンゼロハチ)

口座番号:3690840

口座名:シテンノウジホウサンカイジムキョク
 
※お振込み名義人とお申込者の氏名は必ず同一名にしてください。記念品等の発送ができなるなります。

 

お問い合わせ先:

〒543-0051

大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18 総本山四天王寺内

四天王寺奉賛会事務局

tel:06-6771-0066

 

02月01日(土)

新授与品 「庚申願い珠」 授与開始!

令和2年1月17日より四天王寺 庚申堂にて、
「庚申願い珠(こうしんねがいだま)」を
新たな授与品として授与することになりました!

 

まずは、気に入った「庚申願い珠」を選んでください。

 

 

①五色の石を入れる
・五色の石、五つの功徳

 

 

②願いを込める
・日付
・お願いごと
・お名前
をマジックで書きます。

 

③三猿堂に吊るす

 

 

★御守りとしてカバン等につけても良し◎

 

お手玉のようにみえるこの“庚申願い珠”は、
カラフルな布地で作られていいて可愛らしいですよね。

 

●授与所:四天王寺 庚申堂
●授与価格:1躰 1,000円

01月21日(火)

用明殿 玉垣 / 石燈籠奉納のご案内

この度、四天王寺の用明殿の復興に伴い周囲を玉垣と燈籠で
囲むこととなりました。
つきましては玉垣と燈籠のご奉納を受付いたします。
玉垣と燈籠にはご寄進されました申込者様のご芳名を刻印いたします。

【内容】
●玉垣
親玉垣…10基 金80万円
親角柱… 6基 金100万円
玉 垣…52基 金50万円

 

●燈籠
石燈籠…6基 金150万円
大燈籠…2基 金200万円

●刻印内容
玉垣の表面には、ご奉納いただく方のご芳名(若しくは企業名) 、
住所(市か区まで)を刻印いたします。燈籠は参道側ではなく
裏面に刻印いたします。

 

●永代帖記載内容
ご奉納いただいた方には、太子前殿内陣にて永代供養帖(若しくは祈願帖)に
ご希望の内容をお認めし、永代に渡りお納めいたします。
※最大六行まで記載致します。

詳しくは聖霊院 太子前殿、奥殿にて受付ています。

01月01日(水)

団体参拝の申込表

四天王寺に団体参拝でお越しになられる方は、「団体参拝申込表」をダウンロードの上、必要事項を記入して
以下の番号までFAXして下さい。
団体参拝申込表
右クリックで「対象をファイルに保存」してご使用下さい。
◎総本山四天王寺 総務部参詣課信徒係 宛
◎ファックス番号 06-6773-4921
※四天王寺からの境内案内、法話等のご依頼は、現在のところ受け付けておりませんので、ご了承ください。
四天王寺への交通アクセス

01月01日(水)

天皇陛下御即位奉祝の御記帳をいただきました皆様へ
記念品に関するお詫びと回収交換のお知らせ

 天皇陛下御即位と「令和」改元を記念し、当山聖霊院にて「奉祝の御記帳」を行っておりましたが、記念品中の歴代天皇陛下一覧の記載の中で、本来は今上 上皇陛下と記載すべきところ、誤って平成天皇と記載していることが判明しました。
 
 また、布製の記念品について、手拭の用途に使用できることが極めて不適切であるとのご意見もいただきました。
 
 上皇陛下および皇室の皆様には、大変失礼にあたる誤記と、配慮不足があったことについて、心よりお詫び申し上げます。
 また、ご記帳いただいた皆様方には、大変不快な思いを抱かせることとなり、心よりお詫び申し上げます。
 
 上記、記念品については、すみやかに別の記念品と交換させていただきますので、当山聖霊院(太子前殿)にお持ち下さるか、着払いにて当山の下記住所宛にお送り下さい。なお、お送りいただく際には、返送先のご住所が分かるように記載をお願いいたします。
 
 皆様には大変お手数をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

 末筆ながら、皆様の御記帳については、当山が責任をもって宮内庁に奉納させていただく予定です。ご協力いただいた皆様、誠に有難うございました。

 

 

《送り先》
〒543-0051
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
総本山四天王寺 総務部参詣課 宛

01月01日(水)

本坊庭園
開園日・休園日のお知らせ

今後の予定

     開  園  日    休 園 日
 1 1月1日~1月11日

1月15日~1月末日

1月12日~14日
 2月 2月11日~2月末日 2月1日~2月10日
  3 3月11日~3月末日 3月1日~3月10日
  4 4月1日~4月21日

4月23日~4月末日

4月22日
  5 5月11日~5月末日 5月1日~5月10日
  6 6月11日~6月末日 6月1日~6月10日
  7 7月11日~7月末日 7月1日~7月10日
  8 8月1日~8月末日 な し
  9 9月11日~9月末日 9月1日~9月10日
 10 10月11日~10月末日 10月1日~10月10日
 11 11月11日~11月末日 11月1日~11月10日
 12 12月1日~12月末日 な し

 

定期的に庭園内の修復工事を行なっております。詳しい休園日は表の右側をご覧ください。休園中はご迷惑をお掛けしますが、ご理解いただきますようお願い致します。また、行事等の都合により入園できない日もございます、予めご了承下さい。

●拝観料:
・大人300円/高校・大学生200円/中学生以下無料
・団体割引(30名以上)大人200円/高校・大学生100円

 

●拝観時間:

・4月~9月 8:30~16:30

(毎月21日・会中は8:00~17:00)

・10月~3月 8:30~16:00

(毎月21日・会中は8:00~16:30 ※10月21日のみ8:00~17:00)

 

 

01月01日(水)

境内全域に防犯カメラ設置しました。

この度、境内全域に30数ヶ所、警備用防犯(監視)カメラを設置しました。
これにより、皆様からいただくお浄財の盗難や、参拝マナーの守れない方を監視する事ができるようになりました。
危険な人物の進入や逃走経路も追う事もできます。録画は24時間体制で一か月ほどは保存されるそうです。
記録している映像は警備の為のみ使用しますが、警察等の要望があれば協力し提供する事も考えています。

お賽銭の泥棒や賽銭箱を破損させる行為、野良猫への餌やり、犬の散歩中の大便の放置、各お堂を巡回して罵声をあびせる等、心当たりのある方は以後、つつしんでいただける事を願います。
 

01月01日(水)

「聖徳太子千四百年御聖忌記念」の記念切手セット授与開始

四天王寺のオリジナル記念切手「聖徳太子千四百年御聖忌記念」が
郵便局さんが企画し、大阪市内の各郵便局で販売されています。
※現在はどこの郵便局も在庫切れがはじまっているようです。

四天王寺の魅力をたっぷり表現したデザインの記念切手です。
 
 

四天王寺では、この記念切手に絵葉書や拝観券を付けた「特製セット」を300個限定で販売いたします。
こちらは四天王寺でのみ購入できます。切手のみが欲しい方は郵便局に問い合わせください。
 
国宝や重要文化財の写真を使った記念切手 82円切手×10枚入
入れ物は、古地図の柄のクリアファイル(両開)1枚
ポストカード(非売品)×3種類
記念中心伽藍拝観券×3枚
本坊庭園(極楽浄土の庭)拝観券×3枚
これらセットで、2,500円です。
 
【記念切手について】
商品名:聖徳太子千四百年御聖忌記念
授与開始日:令和元年6月25日(火)
セット内容:1シート82円切手×10枚、
クリアファイル(両開き) 1枚
ポストカード(非売品)  3枚
記念中心伽藍 拝観券   3枚
記念本坊庭園 拝観券   3枚
授与価格:1セット2,500円(税込)

全国各地へのご友人やお知り合いの皆様に広くご紹介・PRするため、
またお土産や記念品としても、是非お求めのうえ、ご利用ください。

 
 

写真は切手の贈呈式の様子です (天王寺区役所内)

01月01日(水)

新授与品 御乳守(みむねまもり)
販売開始!乳がん封じ 胸の悩みに

平成29121日より四天王寺 布袋堂にて、

御乳守(みむねまもり)を新たな授与品として

販売することになりました!

 

四天王寺の布袋さんは、「お乳のおんばさん」と

呼ばれています。

昔から、ご婦人がこの布袋尊に立願すれば、お乳が

出ない人や授乳が不十分の人には乳を授け、

また出過ぎて困る人には乳上げを授かると

言われています。

 

今回の新授与品「御乳守(みむねまもり)」は、

乳がんや乳腺症といったお乳の病気やサイズの悩み、

お乳に関するお願いのご祈祷をしたものです。

 

 

 

和紙の包みの中にはブラジャーのポケットに

入れるパッド(可愛いハート型)が入っています!

 

 ●授与価格 1躰 700

 

●授与所  布袋堂

01月01日(水)

見真堂 玉垣寄進と永代供養の募集開始

この度、四天王寺の見真堂におきまして、お堂ならびに見真大師像のエリア周囲を玉垣で囲むこととなりました。つきましては見真堂にて永代供養のプランを含んだ玉垣のご寄進を個数限定で募集しております。
 

↓↓↓↓↓

平成29年4月末頃設置予定
 
玉垣の表面には、ご寄進いただいた申込者様のご芳名(企業名)を刻印させていただきます。また、玉垣をご寄進される方には、永代供養(もしくは祈願)として、堂内ご宝前に安置いたします永代帖に霊名(もしくは祈願事)を記入し、永代にわたり四天王寺の僧侶が毎日のお勤めの際にお経をあげさせていただきます。
 
●玉垣本数と寄進額(永代供養料込み)
・小柱…限定100本 1本につき金30万円
・親柱…限定21本 1本につき金50万円
・親角柱…限定14本 1本につき金60万円


 
●玉垣の刻印内容
ご寄進者の芳名(お名前)を表面に刻印いたします。
※芳名の刻印は文字のサイズは小さくなりますが最大二行まで記載できます。
 
●永代供養について
堂内ご宝前に奉安いたします永代帖に故人のお名前を記載し、毎日お勤めさせていただきます。
※申し込み時に限り何霊でも可能です。
※逆修(生前の方のお名前でお申込み)も可能です。
 
詳しい説明や永代帖に記載する内容については四天王寺 見真堂までお越しいただくか、お電話にてお問い合わせください。
電話06-6771-0066(代)

01月01日(水)

四天王寺の活動報告ブログ
ページ先頭へ戻る