ナビゲーションスキップ

四天王寺からのお知らせ

前の年へ

2024年のお知らせ一覧

令和6年度「篝の舞楽」 開催のお知らせ

 
 
飛鳥時代から連綿と伝わる古典芸能「天王寺舞楽」。燃え盛る篝火の中、
舞楽が繰り広げられ夏の宵のひとときを幻想の世界へ誘います。
 

 

日 時 令和6年8月4日(日)
開場 午後6時30分
開演 午後7時00分
会 場 四天王寺伽藍内 講堂 前庭
(雨天の場合:本坊 五智光院)
演奏 演目 振鉾(えんぶ)承和楽(しょうわらく)納蘇利(なそり)抜頭(ばとう)長慶子(ちょうげいし)
鑑賞 料金 1,000円(中学生以上)
*当日、開場後 伽藍受付にて鑑賞券をお求め下さい。
*前売り券の取り扱いはございません。
*700席ございますが、満席の場合は立ち見となります。
問合せ 天王寺舞楽協会事務局
連絡先:06-6771-0066(代)9:00~17:00

 

 

【第68回「篝の舞楽」鑑賞に際してのお願い】

ご来場の皆様へ

舞楽鑑賞の際は、ご来場いただきました全ての皆様に快適にご鑑賞いただくため、ご理解ご協力いただきますようお願い申しあげます。

公演中の写真撮影、動画撮影、録音は禁止となっております。

詳細は、下記の注意事項一覧表をご覧ください。


※終了時刻については、午後8時頃の予定です。

06月17日(月)

【重要】納経料(御朱印料)
価格改定のお知らせ

 
 
いつも四天王寺にご参拝頂き、誠にありがとうございます。
令和6年(2024年)8月1日より下記の通り納経料(御朱印料)の
価格改定させて頂く運びとなりました。
謹んでここにお願い申し上げます。
ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 
●改定時期:令和6年(2024年)8月1日
 
・納経帳(御朱印帳)300円500円
※納経料・重ね印
・笈摺・白衣(納経印のみ)200円➡300円
 
また、各種霊場会の御朱印は、変わらず300円の御朱印や、
これから値上げを予定している霊場会御朱印もございます。
詳しくは、ご参拝時、御朱印所係員にお聞きください。

05月28日(火)

【5/20~】お呈茶はじめます
和松庵にて

 
 
自然と歴史があふれる四天王寺の本坊庭園「和松庵」にて
そのひとときの安らぎを過ごしませんか?
お抹茶とお茶菓子を提供いたします♪
 
◎開催日/令和6年5月20日(月)~
※本坊庭園が開堂している日時のみ
 
◎時間/8:30~16:00 受付終了
※4月~10月は16:00まで ※11月~3月は15:30まで
 
◎一服/1,000円(お茶菓子がつきます)
 
※椅子席もございます。
※10名以上の団体様、お待ち頂く場合もありますので、
 事前にご予約をお願いいたします。

05月18日(土)

万灯ローソク&お盆の献灯灯籠
【5/21~】申込み(予約)開始

 

 

令和6年5月21日(火)より各お堂にてお盆の万灯ローソクと
お盆の献灯灯籠をお申込み(予約)を受付開始いたします。
 

 

05月14日(火)

六時堂・元三大師堂
永代瓦寄進のお勧め

 
 
この度、六時堂と元三大師堂の保存修理工事を進める中で、破損した瓦が幾つか見つかりました。この機会に、限定枚数ではございますが、瓦のご寄進を募ることといたしました。
 
しかし、これは単なるご購入ではありません。瓦の表面には、ご供養の法名(戒名)やご祈願事を墨で記し、奉納するという、特別な意味を込めた「永代瓦」のご寄進をお願いするものです。詳細は以下に記載しておりますので、ご一読いただき、ぜひこの機会にお申込みいただければ幸いです。
 

 
 
●3種類の瓦ご寄進 ※永代供養付
・平瓦(ひらがわら)
・丸瓦(まるがわら)
・雁振瓦(がんぶりかわら)
 
●寄進内容

お堂名 瓦種類 ご寄進額
六時堂 平瓦 10万円
六時堂 丸瓦 10万円
六時堂 雁振瓦 20万円
元三大師堂 平瓦 10万円
元三大師堂 丸瓦 10万円
元三大師堂 雁振瓦 20万円

 
●受付開始日
令和6年3月17日(日)より開始
※ご寄進の受付終了日に関しては未定
 
●受付場所
①境内各お堂(宝物館、北門庭園、南授与所、西楽舎、納経所を除く)
②西重門の境内西側に特設ブース
 
●申込内容
六 時 堂=施主名又は願主、霊名又は祈願事
元三大師堂=施主名又は願主、霊名又は祈願事
※瓦1枚に1施主(1願主)、1霊位(1願意)
※寄進者の自由書きは不可
 
●永代供養
永代帳に記帳し御宝前に奉納
「六時堂・元三大師堂 瓦寄進永代帳」を六時堂・元三大師堂のお堂に奉納
※永代帳に記入する内容は、供養の1施主1霊位のみ。
社名が伴う場合は可
※願主、願意は記入いたしません。
 
●寄進瓦の葺き替え場所
六 時 堂:未定
元三大師堂:未定
※各お堂ともに場所の指定は出来ません。
 
●寄進された方へ
後日、墨書きした瓦の写真、感謝状若しくは証書、
落慶法要の招待状等を送付(予定)
 
 
詳しい説明や永代帖に記載する内容については六時堂・元三大師堂まで
お越しいただくか、お電話にてお問い合わせください。

ご寄進頂きました浄財は全て六時堂・元三大師堂保存修理工事費に
あてさせて頂きます。
この御縁に、是非ともお力添えを賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。

電話06-6771-0066(代)9:00~16:30

04月15日(月)

【5/14~】南授与所の一部に休憩スペース
オープンしました!!

 
 
令和6年5月14日(火)より南授与所の一部を「休憩スペース」として
オープンすることとなりました♪♪
お席数は約100席ほどあり、解放しておりますので、
お食事、休憩にぜひご利用ください♪

04月14日(日)

団体参拝の申込表

 
 
四天王寺に団体参拝でお越しになられる方は、「団体参拝申込表」を
ダウンロードの上、必要事項を記入して以下の番号までFAXして下さい。
 
令和6年団体参拝申込書
 
右クリックで「対象をファイルに保存」してご使用下さい。

 

◎総本山四天王寺 総務部参詣課 宛
◎ファックス番号 06-6773-4921
 
※四天王寺の境内案内、法話等のご依頼は、受付けておりません。
※四天王寺にはバスの駐車場はございません。
 
四天王寺への交通アクセス

04月10日(水)

四天王寺奉賛会 会員募集
令和6年度(2024年度)

 
 

当山では、聖徳太子の御遺徳を共に後世へ伝えることを目的として「四天王寺奉賛会」を結成いたしました。佛法興隆・聖徳太子奉賛事業の援助・史跡四天王寺の護持の為に是非ともご入会いただきたく、またお力添えを賜りたく、お願い申し上げます。すでにご入会いただいている方は、ご家族・ご友人にもご入会をお勧めくださいますようお願い申し上げます。
 
 

 

 
 
【会員種別】お申し込み時に会員種別をお選び下さい。

◇賛助会員:年会費 5,000円(毎年4月~翌年3月)
◇正 会 員:年会費 10,000円(毎年4月~翌年3月)
◇特別会員:年会費 一口10万円~(毎年4月~翌年3月)

 

会員種別 年会費 芳名録 芳名看板 会員証 記念品 奉賛法要 郵送物
賛助会員 5000円  -   - 中心伽藍無料(本人のみ)  ○   - 行事案内
正会員 10000円  ○   - 中心伽藍と庭園無料(本人と同伴者1名)  ○   ○ 行事案内
特別会員 1口10万円~  ○   ○ 中心伽藍と庭園無料(本人と同伴者1名)
仁王門横にご芳名看板
 ○   ○ 行事案内

 

 

【会員特典について】

会員になられる方には、下記の特典をご用意しています。

●記念品:毎年かわる四天王寺特製の記念品です。

●会員証:会員証の提示で賛助会員は中心伽藍年間無料(本人のみ)、
正会員以上は中心伽藍と本坊庭園が年間無料(本人と同伴者1名)

●四天王寺の行事案内を定期的にお送りいたします。

●特別会員様のみ、芳名看板(仁王門横)に芳名札(会社名もしくはご芳名)を掲げさせて頂きます。

 

 

【入会の方法】
①本坊受付またはお堂(太子殿・納経所)にてお申込み頂けます
お堂にて申込用紙にご記入いただき、お支払ください。その場で会員証・記念品・領収書をお渡しいたします。
 
②郵便振替をご希望の方は、本会より郵便振替用紙をお送りします
※振込手数料はご負担ください。
郵便振替用紙の所定の欄に氏名と住所、会員種別、金額等をご記入の上、
ご送金ください。後日、事務局より会員証が届きます。

加入番号:00900-5-209925

口座名 :四天王寺奉賛会事務局
※振替用紙の受領書を持って領収書に替えさせて頂きます。予めご了承さい。
※郵便振替用紙の記入例はこちらを参照

 
③ゆうちょ銀行へは、ATM・インターネットからおお振込み頂けます
※振込手数料はご負担ください

必ずメールかfaxにて「件名:奉賛会入会申込」「会員種別」「住所・氏名(ふりがな)」「電話番号」をお知らせください
 
e-mail:housankai@shitennoji.or.jp

FAX:06-6773-4921

銀行名:ゆうちょ銀行 普通

支店名:四〇八(ヨンゼロハチ)

口座番号:3690840

口座名:シテンノウジホウサンカイジムキョク

※お振込み名義人とお申込者の氏名は必ず同一名にしてください。記念品等の発送ができなるなります。

 
 
お問い合わせ先:

〒543-0051

大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18 総本山四天王寺内

四天王寺奉賛会事務局

tel:06-6771-0066

 

04月05日(金)

令和6年能登半島地震の被害に遭われた皆様
心よりお見舞い申し上げます

 
 
この度の「令和6年能登半島地震」により被災された皆様、
ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

皆様の安全と被災地の一日も早い復興そして被災された皆様の生活が
1日も早く平穏に復することをお祈り申し上げますと共に
亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。
合 掌
 
和宗総本山 四天王寺

04月04日(木)

四天王寺高安山霊園の座禅と瞑想の集い

 
 
四天王寺高安山霊園にて「座禅と瞑想の集い」開催中!
 
大阪の四天王寺での参禅会は、休止中ではありますが、
別院の四天王寺高安山霊園では、毎月第1土曜日に
座禅会を開催しています。

 

場所的に高安山の信貴生駒スカイライン道路上にあり、
霊園にお墓をお持ちの方でなければ、( ゚Д゚)何処や?
と思われる方も多いと思いますが…、安心して下さい!
集合場所は、奈良県のJR(近鉄)王寺駅のロータリー。
スタッフが小型バスで王寺駅まで送り迎えいたします。

もちろん、お車でお越しになられたい方も、大丈夫です。
 
参加費は1回 1,000円となります。

お申込み方法:
人数限定で完全予約制ですので、事前にお申込み下さい。
 
方法1:LINEで友達登録して予約すると便利です。
方法2:高安山霊園の寺務所に電話にて予約も可。☎0745732131。
方法3:Eメールでの予約も可。tkysreen@m4.kcn.ne.jp
方法4:下記リンクからも予約できます。
https://edisone.jp/takayasuyama/
 
お申込み確認後にスタッフから確認の連絡をいたします。
当日のお越しになられる方法の打合せをお願い致します。
 

04月04日(木)

授与品「御乳守」
授与価格改定のお知らせ

 

 

いつも四天王寺にご参拝頂き、誠にありがとうございます。
 
さて、誠に心苦しいお知らせではありますが、昨今の物価の上昇に伴い、
令和6年4月1日より授与品「御乳守」の授与価格を改定させて頂く
運びとなりました。謹んでここにお願い申し上げます。
 
皆様におかれましては諸事情ご賢察頂き、何卒ご理解を賜りますよう
宜しくお願い申し上げます。
 
 
●授与品名:御乳守
●授与料:1,000円(祈祷料込)
●改定時期:令和6年4月1日

 
 

03月27日(水)

参拝MAP(聖徳太子ゆかりのお堂を巡る)
完成しました!

参拝MAP(聖徳太子ゆかりのお堂を巡る)完成しました!

 

現在、四天王寺では境内をめぐるオリジナル参拝map(ご利益mapと散策map)を納経所で無料配布をしております。

新たに、「聖徳太子ゆかりのお堂め巡るmap」が完成いたしました!

2021年10月~2022年4月にかけて聖徳太子千四百年御聖忌に合わせて

制作いたしました。四天王寺へ参拝される際に、どうぞご利用ください。


ご利益mapをPDFで開く


散策mapをPDFで開く


聖徳太子めぐりmapをPDFで開く

03月01日(金)

四天王寺周辺マップが完成しました!

JR/大阪メトロ「天王寺駅」・近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」・大阪メトロ「四天王寺夕陽ヶ丘駅」から四天王寺までのマップが完成しました。
四天王寺へご参詣される際にご利用下さい。

四天王寺マップ
↑ダウンロードしてください!

03月01日(金)

令和8年3月31日まで
境内への車両進入はできません

 

 

お車でお越しの方へ
 
六時堂・元三大師堂保存修理工事の為、
令和8年3月31日まで境内への車両進入はできません

 

四天王寺南大門のコインパーキングは利用可能ですが

最大25台ですので、満車になると長時間25号線沿いに

渋滞ができます。

可能な限り公共交通機関をお勧めいたします。

 
 

01月25日(木)

四天王寺 納骨(合同墓)手続きについて

四天王寺 納骨総祭塔(合同墓)のお申込の際(※納骨受付は予約不要)
下記の書類が必要となります。ご一読くださいませ。


●納骨には以下のいずれかの書類が必要です。(何れも原本、1霊位ごと1通)
・死体火葬許可証(埋葬許可書)→ 手元にない場合は市区町村役場にて再発行
・火葬証明書 → 死体火葬許可証が手元にない場合、火葬場にて再発行
死体火葬許可証が発行不可の場合は、死亡届受理証明書も可(死亡届を提出した市区町村役場にて発行)※但し、死亡届は不可


●分骨には以下のいずれかの書類が必要です。(何れも原本、1霊位ごと1通)
・分骨証明書 → 火葬場管理者又は、墓地管理者等にて発行
・死体火葬許可証 → 手元にない場合は市区町村役場にて再発行
・火葬証明書 → 死体火葬許可証が手元にない場合、火葬場にて再発行


●改葬には以下の書類が必要です。(原本に限る、1霊位ごと1通)
※改葬とは墓や納骨堂など現在お骨を預けている御寺院、霊苑等から別の墳墓へ移して供養すること。
・改葬許可証(現在お骨を預けている墓地又は寺院の所在地の役所で申請)
「埋葬証明書(現在のお墓の管理者が発行)」と「受入承諾書(四天王寺で発行)」が必要、但し、埋葬証明書のみで改葬許可書を発行していただける自治体もあり。


●納骨承諾書(受入承諾書)が必要な方は、必ず四天王寺へ直接お越し頂き、
以下の必要事項をメモに書いてご持参ください。
《 納骨・分骨・改葬に係る必要事項のメモ 》
➀戒名(法名)
➁死亡年月日
➂行年又は享年
➃俗名(生前のお名前)
➄氏名 ※場合により、お名前とご住所のご確認が出来るものを提示
➅住所
➇電話番号
➈認印(シャチハタ可)

 

お骨を納骨される際、そのお骨の故人とのご関係が、ご親族でない場合は、必ずお越しになられる前にお問合せください。別途必要書類がございますので、ご説明させていただきます。

 

●お骨は必ず乾かし、骨壺に入れ白布に包んでご持参ください。骨壺の大きさには制限なし。
 
●受付時間8:30~15:00まで(六時堂)
 
和宗総本山四天王寺

01月10日(水)

国宝聖徳太子御手印縁起
複製本 限定販売のご案内

 
 
国宝 『聖徳太子御手印縁起』限定販売のご案内

 

この度、聖徳太子千四百年御聖忌を記念し、四天王寺所蔵の国宝『聖徳太子御手印縁起(四天王寺縁起 根本本』を最先端の技術を駆使し、個数限定で複製致しました。四天王寺創建の経緯だけではなく平安期の時代相を知る貴重な史料をそのままの文字・形式・色彩を手に取り見ることができます。
シリアルナンバー入りの限定60本と販売となります。

数量限定の販売となりますので、この機会をお見逃しなく・・・。
 

 

 
【詳細】
・本紙サイズ:25㎝×4m39㎝
・本紙素材:和紙 手漉き楮
・複製技法:コロタイプ版式
・巻子仕立:見返し砂子振り・穂先黒檀
※シリアルナンバーは指定できません。
 
【販売価格】
・30万円
 
【購入に関するお問い合わせ先】
総本山四天王寺 「聖徳太子御手印縁起複製本」係
電話番号:06-6771-0066(代)9:00~16:30

01月01日(月)

新授与品「九重御守(ここのえおまもり)」
授与開始

 
  
新授与品「九重御守(ここのえおまもり)」授与開始
  
すべての願いを叶える大願成就の“九重御守(ここのえおまもり)”
 

功徳には、「一生を安らかに幸多かれ」との祈願が込められていると伝えられ、密教に於いて祈る全ての佛・如來・菩薩・明王・天部が収められている非常に特別な御守です。
日々の暮らしの中で病気、試験、転居、結婚、出産を始め大きな節目に当たっては、封印を解いて巻物状の紐を解き、紙幅に御座す佛・如來・菩薩・明王・天部に九重真言を唱え祈願を込められて良き御導きをお受け下さい。

 

 

01月01日(月)

本坊庭園
開園日・休園日のお知らせ

今後の予定

現在、コロナ対策の為、茶室のみは閉館しております。

本坊庭園(極楽浄土の庭)は開園しております。

下記の日程となります。

     開  園  日    休 園 日
 1 1月1日~1月末日 1月12日・1月14日
 2月 2月11日~2月末日 2月1日~2月10日
  3 3月11日~3月末日 3月1日~3月10日
  4 4月1日~4月21日4月23日~4月末日 4月22日
  5 5月11日~5月末日 5月1日~5月10日
  6 6月11日~6月末日 6月1日~6月10日
  7 7月11日~7月末日 7月1日~7月10日
  8 8月1日~8月末日 な し
  9 9月11日~9月末日 9月1日~9月10日
 10 10月11日~10月末日 10月1日~10月10日
 11 11月11日~11月末日 11月1日~11月10日
 12 12月1日~12月末日 な し

 

定期的に庭園内の修復工事を行なっております。詳しい休園日は表の右側をご覧ください。休園中はご迷惑をお掛けしますが、ご理解いただきますようお願い致します。また、行事等の都合により急遽入園できない日もございますので、予めご了承下さい。

●拝観料:
・大人300円/高校・大学生200円/中学生以下無料
・団体割引(30名以上)大人200円/高校・大学生100円

 

●拝観時間:

・4月~9月 8:30~16:30

(毎月21日・会中は8:00~17:00)

・10月~3月 8:30~16:00

(毎月21日・会中は8:00~16:30 ※10月21日のみ8:00~17:00)

 

 

01月01日(月)

前の年へ

四天王寺の活動報告ブログ
ページ先頭へ戻る