ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 01月08日(水)

野外講座・国宝めぐり

本日はあいにくの雨でしたが、「野外講座・国宝めぐり」の
境内散策ツアーが無事に行われました。

 

 
観光ボランティアガイドってご存知ですか?

大阪市コミュニティ協会天王寺支部(天王寺区民センター)では
「てんのうじ観光ボランティアガイド協議会」という観光ガイド
のサービスが受けられます。

毎月22日の太子会でも、無料ガイドをしていただいている団体です。
その他の日に四天王寺や周辺ののガイドさんをお探しの方は、
一度、こちらの観光ボランティアガイド事務局にコンタクトを
取られてはいかがでしょうか? 事務局 → 06-6771-9981

ボランティアといっても完全無料ではなく、
資料代と手間代くらいは必要だと思いますが、
とても丁寧に案内されることで有名です。(*^。^*)

 

四天王寺としては一般の方への境内案内はしていませんが、
今回は静岡県浜松市の社会保険センター主催のツアーという事と、
観光ボランティアガイド協議会の柳原会長様からの直々のお願いと
いう事も重なって、特別に宝物館「新春名宝展」の館内説明を
させていただきました。


▲宝物館の説明をする参詣課諸堂係のお上人さま

 

今回の名宝展では、聖徳太子の特集がなされています。

宝物館2階には、聖徳太子孝養(きょうよう)半跏像、
聖徳太子・六臣像(ろくしんぞう)、勝鬘経講讃像とか、
扇面法華経冊子、懸守といった重要文化財に加えて、
 

なんと、聖徳太子が守屋討伐の際に使用した「七星剣」や、
秦河勝(はたのかわかつ)が守屋の首を切り落とした際に
使用したと伝わる「丙子椒林剣」(へいししょうりんけん)
が出展されています。

この二つの剣が並べてあるだけでも豪華でカッコいい!(^^)

 
特別展は2月2日(日)までですので、ぜひお参り下さい。

ページ先頭へ戻る