ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 04月16日(土)

聖徳太子絵伝 絵堂の特別拝観
4月17日から4月30日まで

今春も4月17日(日)から4月30日(土)までの14日間、
太子殿の絵堂にて「聖霊院絵堂(聖徳太子絵伝)特別ご開扉」を
開催いたします。


▲平成28年度 聖徳太子絵伝チラシ(画像クリックで拡大)

ご来堂者は、聖徳太子の一生と数々の伝説が絵画として壁一面に
奉納されている堂内に入場できます。(拝観無料です)

好評の「僧侶による絵解き」も、させていただきます。
期間中の毎日午前9時~、午後1時~、午後3時~ 各60分程です。

その時間帯は自由拝観ができないので、フラッと立ち寄られた方には
申し訳ございませんが、この「四天王寺の絵解き」というのは
実は…、約1300年ほど前から続く伝統的なものだったりします。

むかし昔の、平安時代に聖徳太子信仰がブームになる前の時代から、
四天王寺では僧侶が、こうやって聖徳太子のイラストを指さして
地道に聖徳太子の成されたご遺徳を、人々に説明していたそうです。
それがやがて爆発的に日本国中に広がる太子信仰へと繋がるのですが、

なんとも味わい深い(と噂の…?)
四天王寺の聖徳太子絵伝の絵解きを体感してくださいませ。
さて恒例となりました、記念品ポストカードも準備しております。

まず、1つ目「11才 諸童子と遊戯す」のポストカード

2つ目「3才 桃花より青松を賞す」のポストカード

この2つは、室町時代に作られた『聖徳太子絵伝』(四天王寺所蔵)を
わざわざ今回の記念品の為にお借りして、特別に作らせてもらいました。
3つ目「木造 南無仏太子立像」のポストカード

こちらは南北朝時代(室町と戦国の間くらい)の太子二歳像です。
どれが貰えるかは、お楽しみ!という事で、
皆さま、ぜひぜひ四天王寺の絵堂にお立ち寄りくださいませ!

ページ先頭へ戻る