ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 10月19日(水)

聖徳太子御絵伝の特別御開扉
僧侶による絵解き法話あり

今月10月18日(火)より四天王寺の聖霊院絵堂におきまして、
絵堂(太子絵伝)の「特別御開扉」を行っています。


期間:平成28年10月18日(火)~10月31日(月)
時間:午前8時30分~午後4時

普段は聖徳太子の月命日にあたる毎月22日のみ入堂可能な
この絵堂ですが、多くの方々にご縁をもっていただく為に、
この期間中は特別に入堂できるようになっています。

 

▲絵堂の入口、普段は閉まっている宝物館前から入れます。

 

▲聖徳太子の一生の伝説が壁一面に所狭しと描かれております。

堂内では最近人気急上昇中の僧侶による「絵解きと法話」が
連日午前9時、午後1時、午後3時と1日3回、行われます。
午前9時からの部は、人も適度に少ない目ですので、のんびり聴けます。
 

また、期間中のみ、入堂者には受付で記念品をいただけます。

今回の為に、聖徳太子に関係する絵柄のポストカードを作成しました。
①聖徳太子勝鬘経講讃図(左上)
②杉本健吉画伯の絵堂を描かれる前に試描きされていた図案(左上)
③狩野山楽筆による旧太子絵伝の図
この3種類の中から、どれかをランダムでいただけます。 (^ム^)
 


▲絵堂入口には特設の授与品コーナーがございます。
聖徳太子に関係する御守りが、こちらで購入できるようになってます。
内容は充実しております。
 

杉本健吉画伯の絵を持って帰りたい!という方には、
壁画の内容が詳しく掲載されている「聖徳太子絵伝」図録(1冊5000円)
その他、壁画1面ずつの絵柄が描かれた「クリアファイル」(1枚300円)
記念品として「聖徳太子一代記のすごろく柄の手ぬぐい」(1枚1100円)


▲他にも色々な授与品が販売していました。私は時間
をかけてどれを購入しようか考えます。
それでは皆様、絵堂でお会いしましょう!

ページ先頭へ戻る