ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 03月24日(火)

絵堂の特別ご開扉 好評につき4月も開催します

朗報です!☆ヾ(*´∀`*)ノ☆
4月16日(木)~4月30日(木)までの2週間、
聖徳太子を多くの方に知っていただく為のプロジェクト!
絵堂の特別ご開扉 ~ 飛鳥から未来へ ~を開催します。

まず四天王寺には「絵堂(えどう)」と呼ばれる建物があり、
そこには聖徳太子の誕生からお亡くなりになられるまでの
数々の伝説がお堂の内壁いっぱいに描かれているのです。

この絵堂は通常、月に1日(毎月22日)のみしか入れない場所
なのですけども、昨年は4月と10月に各2週間、集中的に
連日ご開扉する(拝観無料で)!という企画をいたしました。


▲1日2回、僧侶による絵解き(説明)あり。(所要時間 約1時間)

 

ちなみに、
4月は15日間で来堂者4,505人、絵解き拝聴者1,625人が、
10月は14日間で来堂者4,818人、絵解き拝聴者1,270人が
ご来堂して下さいました。有難うございました(^ム^)
 


▲週末や聖霊会の当日は立ち見がでる程の状態になりました!

また、絵解きの内容も「勉強になった!」「楽しかった!」
「聖徳太子の事が詳しく知れて良かった!」という嬉しい感想もあり、

今年の4月も開催していこう!となった訳です。

 

現在、期間中に来堂者全員にお渡しする記念品を作成中です。

▲これは前回の記念品ですが、今回も前回と同様に3種類
四天王寺所蔵の「重要文化財の太子絵伝」から良さそうなシーンを
抜粋したデザインになりそうです。

 

4月の開堂をお楽しみに!v( ̄∇ ̄)

ページ先頭へ戻る