ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 01月22日(水)

毎月22日のみの特別なこと紹介

本日1月22日は「太子会(たいしえ)」(聖徳太子の御命日)で、
俗に「お太子(たいし)さん」と呼ばれています。
「初太子」という事もあり、大勢の信者さまで賑わいました。

本日のみ、太子奥殿の本尊「聖徳太子四十九歳摂政像」が
ご開扉されておりました。(・ω<) ザ・秘仏ご開帳!!

摂政像とは、聖徳太子は推古天皇30年2月22日に
49歳(50歳という説も)でお亡くなりになられましたが、
いまこの現在でもバリバリとお仕事をされている様子を
この摂政像によって表現しているのです。

今回は、毎月22日のみ限定の特別なことをご紹介します。

1.実は…、
聖徳太子絵伝(絵堂)が毎月22日のみ無料で拝観できます。

2.実は…、
猫の門が毎月22日のみ開扉されており、奥殿が参道沿いから拝めます。

3.実は…、
番匠堂の曲尺太子(秘仏)が毎月22日のみご開扉されております。

4.もちろん、中心伽藍も21日と22日は無料拝観日でございます。
五重塔の5階層目から外の回廊(ベランダの部分)にも
出れちゃうんです!!
注意事項
※平成27年9月~平成28年6月頃までは耐震工事の為、中には入れません。

すばらしい景色ですよ!!
ぜひ、毎月22日は四天王寺と太子殿にお立ち寄りください。

露店が出てたり出てなかったりする為、お車での境内への
進入はできませんので、公共交通機関をご利用ください <(_ _)>

ページ先頭へ戻る