ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 01月26日(月)

文化財防火デー訓練を実施

1月26日の本日は「文化財防火デー」です。

昭和24年1月26日に法隆寺さんの国宝の金堂が炎上し
12面の壁画などが焼失したことをきっかけに、
昭和30年から「文化財保護の為に防火意識を高める日」と
なっているそうです。今年で61回目!

訓練会場は大阪城と住吉大社と四天王寺をローテーションで
担当しており、つまり3年に1回、順番が回ってくるのです。


消防署から約60名、消防車両は11台!

 


更にヘリコプター1機の出動までありました!!

四天王寺では貴重な文化財を多数所有しております。
文化財は広く国民の財産として大事に維持管理を
しなければなりません。

 


五重塔から火災が発生したという設定で、
四天王寺職員の初期消火訓練が行われました。

 


119番通報

 


避難誘導

 


文化財搬出

 


心肺蘇生訓練やAED使用訓練

 


消火器訓練などを実施しました。

 


そして、消防車からの放水!!
消防隊員の雄姿をご覧ください!

 

関係各位の皆様に多大なお力添えを頂きました。
本当に有難うございます。

空気が乾燥しやすい冬場です。
皆さま、火の用心を心がけましょう!

ページ先頭へ戻る