ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 02月04日(水)

無病息災の天王寺かぶら汁、みごと300食完売!

2月3日、四天王寺では六時堂での節分祈祷会にあわせて
和労堂で「無病息災を祈る天王寺かぶら汁」という行事を行いました。


和労堂正面には本当に干した天王寺蕪がお目見え!

これは江戸時代の書物に描かれていた状況を再現したのです。


昔は四天王寺の境内でも、こんな感じで干していたそうで…。


こうやって干すことで、通常の何倍も味が濃くなったりするんです。

 

さて、午前8時半からチケット販売開始しましたら

先日の新聞記事を読んで興味を持ったので食べたい!という
方々が、ぞろぞろとやって来られまして、

 

さらに、午前10時からの味噌汁をお渡しする時点では、


すでに100人程が列になっておりました。(@_@;)


おかげさまで大盛況!

天王寺蕪の会の方々もガッツリとお手伝いに来て下さり、


準備していた300人分は午後2時過ぎに完売となりました。

 


こちらが今年の天王寺かぶら汁のセットです。
干した天王寺蕪と茎と葉、大阪湾のノリ、難波ネギに
河南町の手作り味噌で仕上げたお味噌汁です。

包み紙は「無病息災しゃもじ」(祈祷済)です。

 

お付合いいただいた300名のご信徒の皆様、
本当に有難うございました

来年は、もっと沢山の方に体験していただけるように
頂戴した厳しいご意見も参考に改善していきたいと
思っております。

ページ先頭へ戻る