ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 11月20日(日)

四天王寺奉賛会の
太子奉賛法要+落語会の報告

平成28年11月20日(日)
四天王寺奉賛会の記念すべき太子奉賛法要(並びに講演会)が
五智光院にて厳修されました。

四天王寺奉賛会って何? 太子奉賛法要って…?
と思う方もいらっしゃると思いますので、
簡単にご説明いたしましょう。

四天王寺奉賛会とは、格好よく言いますと、
「多くの人々に四天王寺を身近に感じていただき、
 太子のご遺德を皆で後世に伝えることを目的とした
 四天王寺主催の団体」です。

会員特典として、中心伽藍や庭園が無料で入れたり
なんやかんや行事案内が届くので、まぁ簡単に言えば
「四天王寺のファンクラブ的なもの」だと思ってください。

 

そして、11月20日、奉賛会会員様を対象としたビッグ・イベント!
太子奉賛法要(並びに講演会)が厳修されたという報告でございます。


▲太子奉賛法要は重要文化財の五智光院で執り行われました。

 


▲午前10時になり本坊客殿にて受付が開始されました。
ぞくぞくと会員様が来山され、出欠の確認を行っています。

 


▲第一部は、管長猊下からご挨拶を頂いた後に
皆で聖徳太子和讃や般若心経を唱えたりしました。

 


▲特別会員様・正会員様の会員名を禄した芳名録は
普段は太子前殿の二歳像前に奉安されていますが、
この日は五智光院内陣ご宝前に奉られました。

 

法要後は、第二部!お待ちかねの講演会が始まりました。


講演会の内容は毎年変わりますが、今年はお寺と縁の深い「落語」。
関西を代表する落語家の桂ざこば氏と桂わかば氏をお招きし、
1時間ほどですが、落語を披露していただきました。
講演中の写真が無いのは、落語を聴くのに夢中で撮りそこね(泣)

 

奉賛会では、今後も会員様を対象とした毎月の写協会、
春頃には聖徳太子ゆかりの地をめぐるウォーキングツアーなど
盛り上げていく企画を考えております。

 

どうぞ今後とも「四天王寺奉賛会」をよろしくお願い致します。

新規ご入会ご希望、ご興味をお持ちの方は本坊受付にお越しください。

ページ先頭へ戻る