ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 02月05日(木)

四天王寺仮客殿ふるほん祭!品数約5万件揃えました!

2月6日(金)~8日(日)まで本坊仮客殿にて開催予定の

「四天王寺仮客殿 ふるほん祭」~開運 古本なんでもオークション~

 

前日となる今日は、朝一番から搬入と準備をしておりました。

仮客殿(プレハブ)内を埋め尽くすように陳列された古書たち。

絶版の漫画や古文書のほか、文学、美術、歴史、児童書など
さまざまなジャンルの古書が並んでいます。

その数、なんと今回は約5万冊以上!!\(◎o◎)/
古書だけではなくポストカードや小さな小物も含めての数ですが…。

 

この行事も有難い事に新聞に掲載していただけました。

大阪日日新聞(2/2)
異例の2月開催へ総力 四天王寺「ふるほん祭」

▲関西古書研究会の菅(すが)会長がカラーで出てます。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150202/20150202025.html

産経新聞(2/5)
古書の魅力を再発見 6日から大阪・四天王寺で「ふるほん祭」

http://www.sankei.com/region/news/150205/rgn1502050038-n1.html

 

プレハブ内の第二会場は「開運古本なんでもオークション」となります。

参加はどなたでも可能です。

来場者が気に入った商品に「買いたい値段」をつけて
各商品に備え付けの「封筒」に申込み用紙を入れてもらいます。
最終日に開封し、一番の高値をつけた人が落札する…というルールです。

 

▲こんな感じの封筒。記入されている値段は最低金額です。

 

和本「栄花物語」古雅絵入 江戸中期版 全9冊揃、
月刊少年キャプテンの創刊号(徳間書店)、
週刊少年マガジンの特集 キッカイくん 作 永井豪(講談社)、、、
その他、知っている人だけが価値の分かるような
価値がありそうな掛け軸や拓本がズラリ…(^_^;)
オークション目録はこんな感じです。


場所は本坊仮客殿(六時堂の向こう、北東側)ですので、
いつもの西重門前広場ではないです。どうぞお間違いのないように。

 

『四天王寺 仮客殿 ふるほん祭』~開運 古本なんでもオークション~
◆日 程:平成27年2月6日(金)、7日(土)、8日(日)
◆時 間:午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで予定)
◆オークション:最終日の午後3時から開封(5時頃までかかります)
◆場 所:四天王寺本坊 仮客殿
◆主 催:関西古書研究会(0729-94-8852 大仙堂書店)
◆入場料:無料です。

ページ先頭へ戻る