ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 01月19日(日)

厄除に虹色のグッズとかよく聞き(効き)ますよね

2月3日は節分で、この時期、各々のお寺は準備に忙しいのです。
 

四天王寺では六時堂にて「節分星祭り」が厳修されます。
お護摩を焚いての厄除け開運のご祈祷会でございます。
 



▲六時堂にて厄除け開運と所願成就の大護摩供があります。

現在、四天王寺の全てのお堂にて「ご祈祷」と「護摩木」の
お申し込みを受け付けておりますので、ぜひお申し込み下さい。
 
●ご祈祷料は3000円、5000円
●護摩木は300円(1願意)です。
  
 とりあえず、平成26年の厄年の方は下記の通り(^人^)
 
<男性の場合>
61歳の厄年
・前厄/昭和29年生まれ 60歳(ひつじ)
・本厄/昭和28年生まれ 61歳(うま)
・後厄/昭和27年生まれ 62歳(へび)
 
大厄42歳
これが一番きつい!と言われております。
・前厄/昭和49年生まれ 41歳(とら)
・本厄/昭和48年生まれ 42歳(うし)
・後厄/昭和47年生まれ 43歳(ねずみ)
 
25歳の厄年
宗教離れと言われつつも、最近は若者の間で
御守りとか厄除開運祈願をされる若者が増えています。
パワースポットとかも人気ですね。。。
・前厄/平成3年生まれ 24歳(ひつじ)
・本厄/平成2年生まれ 25歳(うま)
・後厄/平成1年生まれ 26歳(へび)
 

<女性>
61歳の厄年
・前厄/昭和29年生まれ 60歳(ひつじ)
・本厄/昭和28年生まれ 61歳(うま)
・後厄/昭和27年生まれ 62歳(へび)
 
小厄37歳
・前厄/昭和54年生まれ 36歳(ひつじ)
・本厄/昭和53年生まれ 37歳(うま)
・後厄/昭和52年生まれ 38歳(へび)
 
大厄33歳
これが一番、きつい!!と言われております(>_<)
・前厄/昭和58年生まれ 32歳(いのしし)
・本厄/昭和57年生まれ 33歳(いぬ)
・後厄/昭和56年生まれ 34歳(とり)
 
19歳の厄年
この時の厄除けアイテムとして、
虹色のグッズを持つと良いとか言われてますよね。
例えば…財布とか、小物とか。
・前厄/平成9年生まれ 18歳(うし)
・本厄/平成8年生まれ 19歳(ねずみ)
・後厄/平成7年生まれ 20歳(いのしし)
 

「虹」というのは雨がやんだ後に空にかかるので、
 昔から「逆境を乗り越える象徴」とされています。
たぶん、そこから厄落としに効く!と信じられているのでしょう。
 
19歳の厄年で無くても、お試しあれ!

ページ先頭へ戻る