ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 09月08日(火)

中心伽藍の耐震改修工事
始まりました!

四天王寺公式HPの「お知らせ」でも告知していますが、
平成27年9月8日から大規模な中心伽藍耐震改修工事
始まっております。


▲五重塔に足場が組まれております。\(◎o◎)/!
しばらくのの間は五重塔の中に入ることができません!

期間は
平成27年(2015)9月8日~平成30年(2018年)3月
までの約3年間を予定しております。

 

さて、工事を明日に控えた9月7日、四天王寺では、
一山式衆によります工事の安全成就を祈願いたしまして、
中心伽藍改修工事の法要が厳修されました!


▲まずは太子殿でのお勤め。
聖徳太子へ改修工事の旨をお伝えしました。

 

中心伽藍の工事なのに、なんで太子殿で?と
思われた方はここで知ってください。

四天王寺のご創建は聖徳太子であり、
既に1420年以上もの年数が経っております。
なので太子のお堂で読経するのは当然なのです!


▲もちろん大導師は四天王寺管長猊下であられます。
雨上がりの爽やかな空気の中で執行されました。

 

さて、太子殿でのお勤めが終わると、いよいよ
中心伽藍正面の中門に移動です。


▲太子殿から一糸乱れぬ行列が続きます。
皆さん緊張した面持ちでした。

 

今の中心伽藍は、戦後復興より既に54年経ちました。
その間に阪神淡路大震災もあり、なにより経年による
伽藍の劣化が見られるようになりました。

四天王寺の信仰を未来に繋げるためにも、
聖徳太子のお亡くなりになってから1400年目に当たる
御聖忌を控える今こそ、改修工事をなすべき時なのです。

 

そんなこんなで舞台を中門下に移し、法要が続けられました!

▲特別な基壇を設置し、大導師管長猊下のもと
「安全祈願法要」が始まりました。

ちなみに施工業者は「日建設計」と「大林組」!
東京スカイツリーを建築したゴールデンコンビです。

▲法要に御臨席された改修工事関係者の皆様です。

法要中、小雨が降りだしましたが、
これこそ慈雨を降らす仏様が願いを聞き入れて下さった明証!
有り難い吉祥です!

▲巨大な伽藍工事の無事を祈るために、
大きな祈願札が用意されたんですよ。

 

以上、法要は滞りなく終了し、後は平成30年
まで突っ走るのみです(*^^)v

 

この度の中心伽藍耐震改修工事の主な予定は以下の通り。

☆主な工事予定
・五重塔(塔内の拝観は不可となります。)
期間:平成27年9月8日~平成28年6月末

・講堂(堂内の拝観は可。ご本尊と壁画は
養生の為、拝観不可となります。)
期間:平成28年8月~平成29年2月

・金堂(堂内の拝観は不可となります。舎利出
法要とご回向は講堂にて執り行う予定です。)
期間:平成29年1月~平成29年7月

この他にも回廊・東重門・西重門・中門も工事対象と
なっております。

 

四天王寺にお越しくださる方々にはご不便を
お掛け致しますが、四天王寺を未来に繋げるためと、
どうぞご協力のほどを よろしくお願いいたします。

ページ先頭へ戻る