ナビゲーションスキップ

四天王寺からのお知らせ

前の年へ

2021年のお知らせ一覧

令和3年(2021)秋季名宝展
開催のお知らせ

 
 
令和3年 四天王寺宝物館 秋季名宝展
 
会期:令和3年9月11日(土)~11月7日(日)
場所:四天王寺宝物館
 

 
◆企画展「四天王寺聖教の世界」
【概要】
「聖教」とは、もとは釈迦の説いた教えのことを指し、ひいては仏教における経典のことを指します。四天王寺においてもその長い歴史において、あまたの聖教が伝来し、仏教の法会や儀礼において礼拝されてきました。しかしながら、度重なる罹災により、その多くは失われて現存していません。
一方で、聖徳太子信仰を基盤として隆盛した四天王寺には、人々が集い、これに伴って様々な聖教が寄進・奉納されてきました。四天王寺には奈良時代古写経をはじめ、各時代の多様な聖教が今日に伝わっています。
このたび、聖徳太子千四百年御聖忌記念事業の寺宝文化財調査事業において、四天王寺聖教の悉皆調査を行い、その成果の一部をご紹介いたします。聖教を通じて、四天王寺の歴史や信仰、また聖教をめぐる人々の信仰の営みを感じていただけますと幸いです
 
【主な展示品】
重要文化財 日本書紀 神代上巻断簡(紙背性霊集) 2葉 平安時代
寺宝 大般若経 巻第201〔行信発願経〕 1巻 奈良時代:神護景雲元年(767)
寺宝 般若心経〔隅寺心経〕 1幅 奈良時代
寺宝 十一面神呪心経 1巻 奈良時代〔※展示期間:9月11日~10月9日〕
寺宝 顕戒論 巻中 1巻 平安時代
寺宝 胎蔵儀軌 2帖 平安時代:承安元年(1171)
寺宝 大般若経 巻第524 1巻 平安時代:久寿2年(1155)
寺宝 密教儀軌 1巻 鎌倉時代:正安3年(1301)
 
 

【拝観時間】9月 8:30~16:30 / 10・11月 8:30~16:00
※但し、9月20~26日、10月21日は8:00~17:00
※入館は閉館の20分前まで
 
【拝観料金】一般500円  高校・大学300円  中学生以下無料
団体割引(30名以上)一般300円 高校・大学生200円
会  場:四天王寺宝物館
 
※コロナ感染対策の為、入館の際に検温、人数制限をしております。
また、入館にはマスク着用の徹底、ソーシャルディスタンスの徹底をお願いいたします。

09月11日(土)

四天王寺の活動報告ブログ
ページ先頭へ戻る