ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 06月07日(木)

6月7日は柴燈大護摩供
(大峰山花供修行)

昨日の雨が嘘かのように澄みきった天候のもと、
毎年恒例の柴燈護摩供(大峰山花供修行)が本日厳修されました!


大峰山花供修行とは、醍醐寺を開かれた聖宝尊師(理源大師)が
大峰山中で修行をされたことに基づくもので、その中でも聖地と
いわれる「小篠根本道場」へ献花しにいく儀式と言われております。

そんな、醍醐寺から大峰山への中継地点として大阪の四天王寺で
毎年行われる「柴燈護摩供」は野外で大規模なお護摩を焚き、
修験道者らの道中祈願をはじめ、国家安寧・佛法興隆・五穀豊穣を
祈念されるといいます。


早朝から醍醐寺より大勢の行者様が来山され、当山管長猊下ご随喜のもと、
午前8時半に法螺貝の音に迎えられ南大門前に集合されました!


そして、柴燈護摩供を厳修するにあたり、
表白として行者・参詣者の意志や祈願内容を
謹んで読み上げられると…


松明で点火!すぐにものすごい煙が立ち上がります!


モクモクモク~!
  
でも、安心してください!

消防署の方々も来てくださっています☆

煙が引くと、綺麗な炎が立ち上がり、
醍醐寺御門主様により加持祈祷が行われます。

当山管長猊下が最初に護摩木をくべると、
続いて信者・参詣者さんも願いが書かれた護摩木を投げ込みます。
所願成就しますよーに☆


無事法要終了後は、気持ち新たに、
再度大峰山に向けて並んで出発されました。

この法要は毎年6月7日に行われていますので、
機会がある方は来年、早朝に四天王寺にお越しください。

ページ先頭へ戻る