ナビゲーションスキップ

2014年03月の記事一覧

更新日 03月10日(月)

建築関係の方は必見の御札(番匠堂名号御札)

今から1400年前、四天王寺を建立するにあたり、 聖徳太子は朝鮮半島・百済国より番匠と称される名工を招き、 高度な建築技術を日本文化に取り込まれました。 このことから、建築業界の人達からは、聖徳太子は 「大工の始祖」として崇拝されているのだそうです。   ▲四天王寺の番匠堂 つまり「番匠」とは簡単にいうと「大工さん」の事です。   ...

続きを読む

場所
番匠堂と太子殿
ページ先頭へ戻る