ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 11月12日(月)

和を以て貴しとなす を英語で言うと…?

平成30年11月9日と10日、神奈川県にある曹洞宗大本山総持寺にて、
全日本仏教会の世界仏教徒会議と、全日本仏教青年会の全国大会が
開催されました。

四天王寺の青年僧侶の会「和宗仏教青年連盟」も、全日仏青の
加盟団体として仏教体験コーナーに参加し、出し物として、
聖徳太子一代記の絵解き法話を2日間披露させていただきました。

普段は四天王寺絵堂においても、頻繁に絵解きを行っておりますが、
今回は特別に絵堂の障壁画のレプリカ(1/4バージョン)を作成し、
出張絵解きとなりました。


▲11/8は会館の中にて

海外からの来場者が何千人と訪れているということで、
今回は英語の台本を作成し、同時通訳付き絵解きとなりました。


▲単に同時通訳ではなく、
日本語と英語の掛け合いを重視した内容で挑みました。


▲11/9は総持寺山門をくぐったすぐのロータリーの場所で

日本語が分からない方も分かる方も、ご拝聴された方は、
聖徳太子の生涯について楽しみながら理解いただけたと思います。

聖徳太子の残された「和」の精神を、世界に発信することができた
とても貴重な体験となりました。
今後は聖徳太子1400年御聖忌に向けて、
どんどんと各地方にて出張絵解き法話ができるように頑張ります!

 

ちなみに、
聖徳太子の残された有名な言葉「和を以て貴しとなす」を英語で言うと
guoogle翻訳で検索したら、ビックリ

Eggplant and Totoshi with a sum (*_*)!?
なるほど、なす=エッグプラントとは、
そして和=sum って、関数の合計って意味のサム!?
やるなグーグル!

冗談はさておき、和=Respect and Harmony かな?と。

それを大切にするという動詞 Cherish(チェリッシュ)を付けて
Cherish Respect and Harmony で 和を以て貴しと為す
という表現で今回の絵解きは行いました。

 

ちなみに(その2)
世界仏教徒会議とは、世界仏教徒連盟並びに世界仏教徒青年連盟の
最高議決機関として、2年に1度開催されていますが、
日本での開催は1952年・1978年・2008年に続き4回目となります。
会議と合わせ世界平和祈願法要並びにシンポジウムが開催されました。

全日仏青全国大会は、2年に1度開催しており、今回は
「仏教×SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))」
をテーマに、一般来場者にも仏教に親しんでもらえるよう、音楽祭
をはじめ、シンポジウム、様々な分野(スポーツ、アート、食など)
とのコラボレーションイベントを行いました。

ページ先頭へ戻る