ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 02月01日(水)

第2回 フォトコンテスト
入賞者20作品 発表!

平成28年7月1日~9月末日の期間に募集しておりました
「 第2回 四天王寺 フォトコンテスト」の入賞者20作品
決定いたしました。

応募作品、その数なんと478点!たくさんの方からご応募いただきました。

先般、四天王寺の安養殿において、
写真家の和栗敬一郎先生を審査委員長としてお迎えし、主催の四天王寺、
協力として参加頂いているサントリー、近鉄不動産(株)、近畿日本鉄道(株)
より出向された審査委員による厳正な審査の結果、 以下の作品が選ばれ
ましたのでご報告いたします。


受賞者 野勢 誠(56)

題名:しとやかに咲く
コメント:雨でしっとりと濡れた花びらが美しかったです

受賞者 塗田 敏夫(69)

題名:飛鳥の美
コメント:母が移住する部屋道1本隔てて隣接する四天王寺様へ
四季を通じて足を運んでいます。親子の縁を四天王寺様に感謝

受賞者 塗田 敏夫(69)

題名:美の競演
コメント:母が移住する部屋道1本隔てて隣接する四天王寺様へ
四季を通じて足を運んでいます。親子の縁を四天王寺様に感謝
申し上げます

受賞者 河野 信行(74)

題名:黄昏の万灯会
コメント:今年も元気にお参りできました事に感謝しています

受賞者 河野 信行(74)

題名:七夕お焚き上げ
コメント:七夕の最後の行事を見せていただきました

受賞者 河野 信行(74)

題名:月夜の万灯会
コメント:今年も元気にお参りできたことに感謝しています

受賞者 松田 全弘(69)

題名:ワーイたのしいな~
コメント:七夕のかざりが数多く散見されていて子供が
その雰囲気に同化されたようだ

受賞者 苞山 吉夫(74)

題名:祈りの灯り
コメント:祈りの思い

受賞者 地道 孝洋(47)

題名:あじさいの咲く頃
新たに造成されたあじさいの植込みがきれいに咲き揃っていたので
シャッターを切りました

受賞者 西山 正次(80)

題名:水面鏡(初夏)
コメント:亀の池のキャンパスに漂う初夏の抽象画、
捉えるべき絶好のチャンス

受賞者 山縣 伸義(84)

題名:はるかなるあべのハルカス
コメント:昔より文化の中心地であった上町台地の現代の風景

受賞者 福田 義也

題名:都心の春来る
コメント:猥雑とした大阪の街の中に緑の庭園がある。
都心の中に心が現れる緑の空間。それを極楽浄土の庭という。
冬が終わり、春の陽光が差す

受賞者 古土井 正弘(75)

題名:輪廻転生
コメント:供養した人の気持ちを思うつつシャッターを切りました

受賞者 高橋 一吉

題名:ハルカスを望む
コメント:五重塔よりハルカスが見えます。
今昔の時間を感じる二つの建物
五重塔に風格を感じます

受賞者 塗田 敏夫(69)

題名:柳の美
コメント:母が移住する部屋道1本隔てて隣接する四天王寺様へ
四季を通じて足を運んでいます。親子の縁を四天王寺様に感謝
申し上げます

受賞者 本城 利彦(69)

題名:願い
コメント:木に結ばれたおみくじとお参りにこられた方、
願という事でかけてみました

受賞者 岡本 英男(73)

題名:参道への道
コメント:極楽門をくぐると万灯燈の輝きと、ご先祖様への想いが
一層つのります

受賞者 小西 健志(68)

題名:早秋のとき
コメント:青き鈴なりの銀杏の実に早秋を感じました

受賞者 坂口 正子(66)

題名:2・2・3
コメント:三組に分かれて、何か相談事でもしている様でした

受賞者 坂口 正子(66)

題名:極楽浄土の庭
コメント:好きな桜の散り際、素晴らしい情景が拝観
できました

●この他、グランプリ大賞・特賞につきましては、別ページにて紹介いたしております

ページ先頭へ戻る