ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 04月27日(日)

法然上人尊像 開眼法要

本日4月27日、阿弥陀堂(納骨堂)横に奉安されました
法然上人尊像の開眼法要式が厳修されました。


法要には「聖徳太子北神戸奉賛会」の皆様も
ご参列されておりました。

 



法要中、尊像の白布が取り除かれ、お披露目。
御導師様によって開眼作法が修されました。

 


法要後には、感謝状の贈呈式もありました。

嬉しいことに、近々お賽銭箱と銅製の常花も設置して
いただけることになりまして、楽しみです。v(^○^)v


これで、西重門前広場から親鸞聖人(浄土真宗)、弘法大師(真言宗)、
法然上人(浄土宗)の尊像が一気に見渡せてしまいます。

それぞれ四天王寺とはご縁が深い方々です。(^ム^)並ぶと凄いね。

ページ先頭へ戻る