ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 04月17日(木)

法然上人像が寄贈されました

本日、4月17日(木)は記念すべき日でございます。

なんと、


聖徳太子北神戸奉賛会様より、法然上人像が寄贈され、
阿弥陀堂と納骨堂の横に安置されたのです!!!

 


地図では、この赤色のマークのあたりです。

 


▲トラックから運び出される法然上人銅像
高岡銅器さんが富山県なので、約400kmの道のりを
遥々やってこられました。

 

法然上人とは、言うまでもなく浄土宗の開祖様で、
身分や能力、男女を問わず、一心に念仏を称えれば、
極楽浄土に往生できる!という教えを広められた方です。


▲クレーンで台座とドッキングされました。

阿弥陀堂は法然上人25霊場の参拝札所にもなっていますし、
現時点では相応しい場所ではないでしょうか。。。


▲高岡銅器さんの入念に接着の確認がありました。

 


近日中にお賽銭箱、青銅の常華も設置する事になります。

(開眼法要は4月27日(日)、午後1時半から予定)

 

ページ先頭へ戻る