ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 01月06日(土)

四天王寺1月の主要行事

四天王寺ホームページの表紙のページ下段には
「お知らせ」と「今月の行事」を告知していますが、

▲このあたり

年始はお伝えしたいことが多いので、こちらに記しておきます。

●1月9日(火) 参禅会
まず、月に2回、五智光院(重文)にて行っています早朝座禅会。
参加無料です。午前6時20分には本坊新玄関までお越しください。
終了は午前7時50分頃ですので、出勤時間を調整できる方はお越しください。

 

●1月14日(日) 修正会結願(どやどや)
1月1日~1月14日までは修正会(しゅしょうえ)といいまして、
その年の天下泰平・五穀豊穣を祈る法要が六時堂内で厳修されます。
そして、その結願日となる1月14日、六時堂の外では裸にフンドシ、
鉢巻姿の若者がお札を奪い合う「どやどや」が盛大に行われます。
どやどやは、日本三大奇祭のひとつとして有名で、午後2時半から
約1時間半ほど、亀の池周辺から観覧することができます。
※この日はお車での境内進入はできません。ご了承ください。

 

●1月20日(土) 仏教文化講演会
四天王寺の月に一度の無料講話会です。どなたでもご参加できます。
時間:午後2時~約2時間
1月の講師:南谷恵敬先生
演題:太子観の変遷
講演会に参加されます方は、開始前までに本坊客殿にお集まりください。

 

●1月21日(日) 初大師会
弘法大師の月命日として、境内全域に多くの露店が出て賑わいます。
※この日はお車での境内進入はできません。ご了承ください。

 

●1月22日(月) 初太子会 秘仏ご開帳!
聖徳太子の月命日として、境内の所々に露店が出ております。
太子奥殿ご本尊、秘仏 聖徳太子摂政像の年に一度のご開帳があります。
ご参拝・ご開帳は午前10時頃から(午前9時からの曼供法要中に開扉されます)
また、この日は太子奥殿の北側にある聖徳太子の伝説が色々と壁画に
描かれてる「絵堂」もご開扉されますので、ぜひお参り下さい。

 

●1月25日(木) 法然上人忌
浄土宗の開祖・法然上人の祥月命日にあたり、講堂にて法要を厳修します。
午前10時半より約30分間の法要です。

 

●1月27日(土)、28日(日) 初庚申まいり
新年最初の庚申縁日です。庚申まいりとは、60日に1回巡ってくる暦の
庚(かのえ)+申(さる)の日に行う祈祷会で、病気平癒や厄除け開運
を願う法要が、終日、お堂の中で厳修されます。
宵庚申となる1月27日は、特別行事として「大般若転読法要」が
午前10時より約30分ほど執り行われます。
本庚申となる1月28日は、特別行事として「柴燈大護摩供」が
午後2時から約1時間ほどございます。

ページ先頭へ戻る