ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 05月04日(木)

四天王寺の重要文化財のお堂で落語はいかが?
6/7 & 6/12の2夜あります。チケット発売中!

大阪天満宮に隣接した天満天神繁昌亭をはじめ、
天王寺動物園前の動楽亭寄席!
近鉄百貨店ハルカスでやってる「ハルカス寄席」も
ついこの前には100回達成でニュースになっていましたね。

そう今、落語が!空前絶後のォォ!大ブーームになっておりますゥ!
しかも、チケット買って見に行くタイプの「寄席(よせ)」が
人気なんだそうです!!若い世代を中心に落語ブームが到来!!

漫画…、といっても「昭和元禄落語心中」くらいですが、
古い話ではTOKIOの長瀬くんとV6の岡田くんがW主演の
「タイガー&ドラゴン」とうドラマもありましたね。ありました。

 

前置きが長くなりましたが、ここ四天王寺でも季節ごとに
落語会を開催していることを御存じでしょうか!!?

ジャジャ~ン!その名もォォォ! てんのじ寄席2017 初夏の陣!!
知らなかった人はこのブログを読んだ今日から覚えてくださいね。
(写真は画像クリックで少し大きく見えます)

 

今回の出演してくださる落語家さんは…
〇第1夜 6月7日(水)
・桂弥っこ ・桂ひろば ・笑福亭たま
〇第2夜 6月12日(月)
・桂あおば ・桂雀太 ・桂ひろば
と、各日3人にお噺しいただきます。約1時間半あります。

 


▲前売りチケットは各日1,500円 (当日2,000円)です。
境内各お堂で購入可能です!和労堂とかでよく買って行かれてます。
お気軽にお尋ね、お問合せください…って言うか買ってください^ ^

 

四天王寺になんて、そんなにしょっちゅう来れないという方には
四天王寺公式HPからWEB注文もできます。
http://ws.formzu.net/fgen/S93454048/

 


▲会場となる五智光院(国の重要文化財)
タイトルにもあるとおり、重要文化財の五智光院にて
落語の寄席をやってしまいます。
このお堂は平安時代の後白河法皇による創建、
大坂夏の陣で焼かれた後に、徳川二代目将軍秀忠公の再建!
もちろん普段は一般拝観することができない場所です。
この中で落語を奉納いただいきます。

 


▲会場内、落語の口演風景
まるで寄席小屋のように落語家さんを間近で見ることが可能。
イケメン落語家に会いに行けるのは「てんのじ寄席」だけ!
\(^o^)/前売り券の方がお得なので、事前に購入してね。

 

「てんのじ寄席 2017 初夏の陣」
第一夜 平成29年6月7日(水)
第二夜 平成29年6月12日(月)
●開場…両日 午後6時~
●開演…両日 午後6時半~(約1時間半)

前売りチケット 各日1,500円  当日チケット 各日2,000円
※御座席は自由席となります

「WEBフォームからのお申込み」やり方
①お名前・メールアドレス・住所・第1夜、第2夜を選択
②内容確認して送信
③直ぐに自動返信メールで四天王寺から「ゆうちょでのお振込番号」が届きます。
④入金されましたら、四天王寺が確認後、チケットがメールにて発送されます。
⑤そのメールをプリントアウトして、当日、会場へお持ちくださいませ。

 

おまけ(^ム^)
今回の落語家さんの情報を記載しておきます。

◇桂弥っこさん
桂吉弥さん(ちちんぷいぷいに出てる方)のお弟子さん。
趣味で日本舞踊をされているとか!
やはり落語には武器となったりするので
欠かせないものなのでしょうか!?

◇桂ひろばさん
桂米朝一門で桂ざこば師匠のお弟子さん。
師匠譲りの人情噺が得意で、しかも楽しい話を聴けて、
今回はどんな落語をされるのか気になります~!
そして実はこの「てんのじ寄席」の企画から携わって
いただいておりまして、毎回出てくださっています。

◇笑福亭たまさん
笑福亭松鶴一門で笑福亭福笑師匠のお弟子さん。
京都大学出身のイケメン落語家!
マクラが毒舌で聴いている方がヒヤヒヤします。

◇桂あおばさん
桂米朝一門で桂ざこば師匠のお弟子さん。
特技はスポーツと知ったかぶりだそうです。
そしてなんと上方落語協会きってのイケメンだそうです!

◇桂雀太さん
桂枝雀一門で桂雀三郎師匠のお弟子さん。
カフェ、ライブハウスなど様々な場所で落語会を開催!
平成28年NHK新人落語大賞 大賞受賞をされています。

ページ先頭へ戻る