ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 12月29日(木)

四天王寺の年始行事予定!

初詣といいますのは、新しい年になってから初めて
神社や仏閣などに参拝することを言うのですが、
四天王寺では1月14日までの期間を
修正会(しゅしょうえ)と呼んで、正月行事を行っております。

●修正会法要(しゅしょうえ)
元旦から14日まで四天王寺の六時堂に於いて、
だいたい午後3時に約30分ほど、新年の天下泰平を
お祈りする法要が厳かに厳修されます。(参列不可)

 

●授与品・修正会の木札(新春!開運の祈祷札)
しかし修正会は一般参詣者の参列が出来ない法要でして、
その代りと言ってはなんですが、
この修正会の間に六時堂本尊薬師如来ご宝前にて
ご祈祷を受け続けた有り難い「開運の木札」をご用意しています。

希望者は境内各お堂にて受付けていますので、お申込み下さい。
後日、1月15日以降に郵送にてお贈りいたします。

修正会木札の冥加料は1枚3000円。
皆様の無事平穏をお祈りした立派な木札でございます。
※木札には願主・願意は記入いたしません。

 

●新春 元三大師合格祈願法要
・平成29年1月3日(火)
・四天王寺 元三大師堂にて
・午前10時 ~ 特別法要(管長猊下)
・午前11時 ~ 午後3時まで 特別法要(随時受け付け)

四天王寺の元三大師堂は智慧聡明、合格成就のご利益を求めて
多くの方がお詣りされるお堂です。

特にこの時期は、受験を控えた学生たちに人気の方で、
1月3日の新春の合格祈願法要では、センター試験や
本試験に合格を願う学生とそのご家族たちが
本尊である元三大師様の智慧の力にあやかろうと
長蛇の列を作り祈祷を受けます。

・法要の受付けお申込みは午前8時半~ 随時
・ご祈祷料:3000円、5000円、10000円
※御札の大きさや、お供物が違います。

 

●おみくじ、お守りの販売(楽舎)
多くの方は、新年にお守りを買われて1年間ほど身に付け、
そしてまた新年に新しいお守りを買われます。
四天王寺には聖徳太子や四天王にまつわるお守りが
けっこうズラリと揃っております。
お正月限定の鏑矢(破魔矢)の販売も行っています。
そして新年最初の「おみくじ」もどうぞ!

亀の池沿いにある楽舎(がくしゃ)にて授与品を販売しています。
初詣の期間は特別販売所として並べている授与品が違います。
どうぞ色々とお買い求めください。 (*^_^*)

 

●どやどや・修正会結願法要
・平成29年1月14日(土)
・四天王寺 六時堂にて 拝観無料

この日は修正会の結願日(最終日)にして、
日本屈指の奇祭「どやどや」という行事が行われます。
ふんどし一丁の裸の男性たちが六時堂の階段あがった所で
天井から落ちてくる御札をひしめき取り合う光景は
まさに圧巻です。

参詣者もこのエネルギーを感じて、新年に乗り出しましょう!

 

●とんど焼き
・平成29年1月14日(土)
・四天王寺 南大門前広場にて

どやどやと同日に、南大門前にて「とんど焼き」を行います。
これはお正月の飾り物・しめ縄・門松や、一年間大切にお持ちに
なられていた紙札・木札・御守りといった物をお持ち頂くと
火中に投じて盛大にお焚き上げする行事です。

人形や雑誌・本などはお焚き上げできません。

 

●平成29年「新春名宝展」
・平成29年1月1日~2月5日 四天王寺宝物館にて
・午前8時30分~午後4時(1月21日のみ午前8時~午後4時30分)
※入館は閉館20分前まで
・拝観料:大人500円/高校・大学生300円/中学生以下無料
・団体割引(30名以上)大人300円/高校・大学生200円

今回の特集は、「四天王寺絵堂の聖徳太子絵伝」となっており、
聖徳太子と絵堂に関係するものを多く展示しています。
また、四天王寺で保管している国宝、文化財も出ています。
どうぞ特別展にお越し下さい。

《主な展示品》
⦿:国宝 ◎:重要文化財 ○:重要美術品 △:大阪市指定有形文化財〕
⦿【特別公開】国宝 扇面法華経冊子 5帖のうち2帖 平安時代
(国宝の扇面法華経冊子の公開期間は1月1日~15日となります)
⦿懸守  7懸のうち4懸   平安時代
鳴鏑矢 1隻         飛鳥時代
唐花文袍残欠(太子緋御衣) 飛鳥時代
聖徳太子絵伝 遠江法橋筆 6幅のうち2幅 元亨3年(1323)
聖徳太子絵伝 狩野山楽筆 6面のうち2面 元和9年(1623)
〇慈鎮和尚歌入消息文 慈円筆 1幅 鎌倉時代
帖装聖徳太子絵伝 1帖  室町時代
聖徳太子絵伝  橘保春筆 6面  文化10年(1813)
聖徳太子絵伝画稿  杉本健吉 22幅のうち16幅  昭和時代

ページ先頭へ戻る