ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 12月01日(金)

四天王寺の修正会の
木札が授与できます

年の初めのお詣りの事を、世間一般的な呼ばれ方では「初詣」
と言うようですが、仏教的に言いますと、修正会←しゅしょうえ。

元旦から14日間、四天王寺では六時礼讃堂(六時堂)に於いて、
新年の天下泰平五穀豊穣をお祈りする修正会という祈祷法要が
厳修されます。

1月1日~1月14日まで毎日、1日2座の合計28座をかけて
四天王寺一山住職のお導師のもと、ご祈祷がなされているのです。
この結願となる日に、パワー全開となったお札を頂戴する行事
が、最終日1月14日に行われます修正会結願(どやどや)なのです。


▲紅白に分かれ、修正会の紙札を奪い合う若者たち

さて、どやどやに参加されない一般の信者様も御札、欲しいですか?
昨年より修正会で拝みました御札を、皆様に授与できる様になりました。

その名も「修正会の木札

まず、1月1日から14日まで、修正会の道場となる六時堂の御宝前に
木札を奉納しておりまして、毎回の法要において御導師様がお加持
して下さいます。こちらの御札は、
ハッキリ言って、どやどやの御札より豪華バージョンです!

現在、境内の各お堂にてご予約受付中です。
お渡しは修正会が終了した翌日、1月15日以降に郵送にてお送りする
予定でございます。 修正会木札の冥加料は1枚3000円。

皆さまの新しき1年の無事平穏・所願成就を祈る
修正会木の札を、是非その手にお取りくださいませ。

ページ先頭へ戻る