ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 02月03日(金)

今年初めの庚申まいり
初庚申は盛り上がりました!

平成29年2月1日(水)と2日(木)は 今年初の

庚申まいり「初庚申(はつこうしん)」

が、四天王寺の庚申堂にて行われておりました。

 

まず、2月1日は特別法要「庚申大般若転読法要」


『摩訶般若波羅蜜多経(大般若経)』という600巻もあるお経
を転読という特別な作法で読み上げ、その功徳を参列者の皆で
授かってくださいというものです。(厄除け開運)


頭の上で経本を広げ、パラパラと流れる様にめくります。
庚申堂での大般若転読は、初庚申の初日、1年に1回だけ。

 

お堂の外では、お馴染みの「庚申こんにゃく」が出現!

庚申の縁日には北を向いて庚申こんにゃくを食べましょう。


寒かったですが、天気もよろしくて賑わっておりました。

 

2月2日の特別法要は「庚申柴灯第護摩供(さいとう だいごまく)」


今年も吉野の大峯山護持院から、櫻本坊ご一行様をお招きし、
境内にて盛大に大護摩供法要を厳修していただきました。


四天王寺からも瀧藤執事長が御出仕されました。

 


いよいよ点火!緊張の一瞬です(^ム^)


モクモク…
風が強くて煙が行ったり来たり…\(◎o◎)/!


もうモクモク…ではなく ドンドロドロドローッって感じに
煙が空に向かって広がって行きます。立ち昇る煙に感動!
最近引っ越してきた方は、さぞかしビックリしている事でしょう。

 


そして中盤から炎も見えだしますと、煙はおさまります。


ちょっと寂しい感じもしますが、実はここからが本番です。


皆様のご祈願事が書かれた護摩木を火に投げ入れていきます。
護摩木は毎年、「終い庚申」から受付けております。
当日の受付けも特設ブースが出ております。(護摩木1本300円)

※大阪日日新聞さんの新聞記事(2017年2月3日)
護摩の炎に願い込め 四天王寺庚申堂で「初庚申」
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170203/20170203031.html
 

今年の初庚申は、ちょっとしたご縁がありまして、
二助企画さんによるモンキーパフォーマンス、簡単に言うと
「猿まわし」が庚申堂の堂前でご披露くださっておりました。


今回のパフォーマーは、神戸モンキーズ くら&とし


竹馬も上手にこなすお猿さん!拍手喝采です。


寒い中、何度も何度も公演していただき、その都度
大勢の人だかりができていました。


初日の宵庚申は夜8時まで開聞していましたので、
夜遅くまでやっておられました。お疲れ様でした。

 

今年(2017年/平成29年)の庚申まいり日程表
●初庚申 2月1日(水)、2日(木)
●二の庚申 4月2日(日)、3日(月)
●三の庚申 6月1日(木)、2日(金)
●四の庚申 7月31日(月)、8月1日(火)
●五の庚申 9月29日(金)、30日(土)
●終い庚申 11月28日(火)、29日(水)

それ以外の日でも、庚申堂は開門しておりますので、
いつでもお詣り頂けます。

ページ先頭へ戻る