ナビゲーションスキップ

« 一覧へ戻る

更新日 05月08日(木)

あんまり知られていない話(納経所と霊場めぐり)

あまり知られてはいない話をひとつ、ご紹介いたします。

実は…
四天王寺は「新西国観音霊場」をはじめとする
数々の霊場めぐりの札所寺院となっており、

その数なんと


16種類の霊場会に加盟しています。

新西国観音霊場、近畿三十六不動尊霊場、河内飛鳥古寺霊場、
聖徳太子御遺跡めぐり、神仏百五十霊場、おおさか十三佛霊場、
法然上人二十五霊場、西国薬師四十九霊場、大阪七福神霊場、
なにわ七幸めぐり、摂津国八十八霊場、摂津三十三観音霊場、
西山国師十六霊場、役行者めぐり、四国八十八ヶ所霊場(番外)、
西国三十三観音霊場(番外)です。

 


ご朱印は極楽門北側の「納経所」へお越しください。

ご朱印とは↓↓こんな感じのもので、

朱色の印と寺院の名前やらが書かれた紙の事です。
(ちなみに写真は なにわ七幸の朱印)

 

昔の人は、寺院へ参拝する時には自分で写経したお経をお寺に
納め、お布施を喜捨するものだったので、その証明証がわりに
こういった納経の証(朱印)が頂けたという話です。
ご朱印をいただくことを=「納経する」と言うのは、そういう事です。

最近はご朱印に領収証を求められる方もいますね。
 

最近は朱印帳を渡して300円支払えば貰えるスタンプラリー
の様なものと勘違いされている方が増えていますね(^_^;)

 


納経所の中は広々、数年前に建てた新築の納経所です。


霊場会関係の授与品は納経所内で授与しております。

 

最近は若い女性の間で「神社仏閣めぐり」が流行っている様なので、
どしどし四天王寺にもご参拝いただければ…と願っております。

 
おすすめは、縁起のいい大阪七福神めぐりなにわ七幸めぐりです。
どちらも電車を利用したって一日で簡単に完了できますよ~♪

ページ先頭へ戻る